コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江月宗玩 コウゲツソウガン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江月宗玩 こうげつ-そうがん

1574-1643 織豊-江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)2年11月21日生まれ。津田宗及(そうぎゅう)の子。臨済(りんざい)宗。春屋宗園(しゅんおく-そうえん)の法をつぐ。慶長15年京都大徳寺,のち博多崇福寺などの住持となる。大徳寺の復興につとめ,同寺内に孤篷庵などをひらく。茶道,書画,墨跡鑑定にすぐれていた。紫衣(しえ)事件に連座したが,ひとりゆるされた。寛永20年10月1日死去。70歳。和泉(いずみ)(大阪府)堺出身。号は欠伸子,赫々子など。諡号(しごう)は大梁興宗禅師

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうげつそうがん【江月宗玩】

1574‐1643(天正2‐寛永20)
近世初期の禅僧。堺の豪商で茶人でもあった天王寺屋(津田)宗及の子。9歳のとき大徳寺に入って春屋宗園につかえ,やがてその法をついだ。師の没後,大徳寺竜光院をつぎ,院内に有名な寸松庵を創建した。そののち,大徳寺,博多の崇福寺,堺の南宗寺,平戸の正宗寺など名刹の住持を歴任し,また公家や諸大名から広く帰依をうけ,江戸初期の大徳寺派禅僧の重鎮として活躍した。一方,茶の湯は父宗及や小堀遠州に学んで造詣深く,千宗旦と親交して千家の復興をたすけ,大徳寺禅と千家茶道の結合に大きな足跡をのこした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江月宗玩
こうげつそうがん
(1574―1643)

江戸初期の禅僧。堺(さかい)(大阪)の人。諱(いみな)は宗玩、字(あざな)は江月。茶人として有名な津田宗及(そうきゅう)の子。9歳で京都大徳寺に入った。ついで堺の南宗寺に転じた。師春屋宗園(しゅんおくそうえん)の後を受けて紫野(むらさきの)竜光院の第2世となった。また、大徳寺第156世、筑前(ちくぜん)崇福寺第79世、南宗寺第13世を継いだ。さらに布教のため、松浦肥前守隆信(まつらひぜんのかみたかのぶ)の招きで平戸(ひらど)に下ったが、晩年は京に戻り、竜光院において70歳で示寂した。小堀遠州、松花堂昭乗(しょうじょう)ら当代一流の文化人との親交が知られる。また茶道、書画に堪能(たんのう)で、ことに書は後世茶人に大いに尊重されている。[島谷弘幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

江月宗玩 (こうげつそうがん)

生年月日:1574年11月21日
安土桃山時代;江戸時代前期の臨済宗の僧
1643年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

江月宗玩の関連キーワード松花堂およびその跡天王寺屋会記伊丹屋宗不紫衣事件江雪宗立生年月日狩野探幽玉室宗珀津田宗凡翠巌宗珉江雲宗龍宗玩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android