コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江月宗玩 コウゲツソウガン

4件 の用語解説(江月宗玩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうげつ‐そうがん〔カウゲツソウグワン〕【江月宗玩】

[1574~1643]江戸初期の臨済宗の僧。茶人。号、欠伸子・慒袋子・赫々子など。津田宗及の子。大徳寺の住持。茶を父や小堀遠州に学び、詩文・書にも秀でた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江月宗玩 こうげつ-そうがん

1574-1643 織豊-江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)2年11月21日生まれ。津田宗及(そうぎゅう)の子。臨済(りんざい)宗。春屋宗園(しゅんおく-そうえん)の法をつぐ。慶長15年京都大徳寺,のち博多崇福寺などの住持となる。大徳寺の復興につとめ,同寺内に孤篷庵などをひらく。茶道,書画,墨跡鑑定にすぐれていた。紫衣(しえ)事件に連座したが,ひとりゆるされた。寛永20年10月1日死去。70歳。和泉(いずみ)(大阪府)堺出身。号は欠伸子,赫々子など。諡号(しごう)は大梁興宗禅師

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こうげつそうがん【江月宗玩】

1574‐1643(天正2‐寛永20)
近世初期の禅僧。堺の豪商で茶人でもあった天王寺屋(津田)宗及の子。9歳のとき大徳寺に入って春屋宗園につかえ,やがてその法をついだ。師の没後,大徳寺竜光院をつぎ,院内に有名な寸松庵を創建した。そののち,大徳寺,博多の崇福寺,堺の南宗寺,平戸の正宗寺など名刹の住持を歴任し,また公家や諸大名から広く帰依をうけ,江戸初期の大徳寺派禅僧の重鎮として活躍した。一方,茶の湯は父宗及や小堀遠州に学んで造詣深く,千宗旦と親交して千家の復興をたすけ,大徳寺禅と千家茶道の結合に大きな足跡をのこした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江月宗玩
こうげつそうがん
(1574―1643)

江戸初期の禅僧。堺(さかい)(大阪)の人。諱(いみな)は宗玩、字(あざな)は江月。茶人として有名な津田宗及(そうきゅう)の子。9歳で京都大徳寺に入った。ついで堺の南宗寺に転じた。師春屋宗園(しゅんおくそうえん)の後を受けて紫野(むらさきの)竜光院の第2世となった。また、大徳寺第156世、筑前(ちくぜん)崇福寺第79世、南宗寺第13世を継いだ。さらに布教のため、松浦肥前守隆信(まつらひぜんのかみたかのぶ)の招きで平戸(ひらど)に下ったが、晩年は京に戻り、竜光院において70歳で示寂した。小堀遠州、松花堂昭乗(しょうじょう)ら当代一流の文化人との親交が知られる。また茶道、書画に堪能(たんのう)で、ことに書は後世茶人に大いに尊重されている。[島谷弘幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江月宗玩の関連キーワード今村一正英松顕了道快順専正玄正山雪林津軽信建等木古田斎宮(初代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone