コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈淪 チンリン

デジタル大辞泉の解説

ちん‐りん【沈×淪】

[名](スル)《「沈」も「淪」もしずむ意》
深く沈むこと。
「廃頽した感情の中に其の身を―させようと勉めるのであった」〈荷風腕くらべ
ひどくおちぶれること。零落。
「悲惨な境界に―せぬまでも」〈寅彦・科学者と芸術家〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんりん【沈淪】

( 名 ) スル
〔「沈」も「淪」もしずむ意〕
深く沈むこと。 「真正に不景気で人心が-してる時であつたならば/緑簑談 南翠
おちぶれること。零落。淪落。 「貧困の底に-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈淪
ちんりん

中国の作家郁達夫(いくたつふ)の中編小説。第一小説集『沈淪』(「創造社叢書(そうしょ)第3種」1922・泰東図書局)所収。旧制一高特設予科、八高と学んだ自己の留学体験を下敷きとし、異国日本で生活する高等学校の学生「私」の自意識の葛藤(かっとう)、恋愛の苦悩などを私小説風に描いた作品。叙情的な描写に加えて多感な青年の内心の苦悩を祖国中国の命運と不可分なものとして描き、五・四運動の高揚が急激に衰退した、いわゆる5.4退潮期の青年たちの間に大きな反響をよんだ。発表当時、赤裸々な描写によって「肉欲描写作家」「淫書(いんしょ)」などとそしられたが、周作人の論文「人の文学」などで高く評価された。郁達夫の出世作であるとともに、中国近代文学を代表する作品の一つである。[小谷一郎]
『駒田信二・植田渥雄訳『沈淪』(『現代中国文学6』所収・1971・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

沈淪の関連キーワード天皇人間宣言/昭和二十一年年頭の詔書二・二六事件/蹶起趣意書徳大寺実定藤原明衡駒田信二藤原実定源重之源師光赤瀾会柳永長夜南翠

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android