コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢田美喜 さわだみき

5件 の用語解説(沢田美喜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沢田美喜
さわだみき

[生]1901.9.19. 東京
[没]1980.5.12. マヨルカ島
社会福祉家。三菱財閥の創立者岩崎弥太郎の孫として生れ,22歳で外交官沢田廉三 (のちにフランス大使,外務次官,国連大使) と結婚。夫の赴任先のロンドンで孤児院をみて社会福祉に関心をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

沢田美喜【さわだみき】

社会事業家。三菱本家・旧男爵岩崎久弥の長女。外交官沢田廉三と結婚。第2次大戦後,占領軍と日本女性の間にできた混血孤児の養育を決意,1948年私財を投じて神奈川県大磯の岩崎別邸にエリザベスサンダースホームを開設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢田美喜 さわだ-みき

1901-1980 昭和時代後期の社会事業家。
明治34年9月19日生まれ。岩崎久弥の長女。沢田廉三(れんぞう)と結婚。戦後,神奈川県大磯に混血児のための施設エリザベス-サンダース-ホームをひらく。2000人をこえる孤児をそだてた。昭和55年5月12日死去。78歳。東京出身。東京女高師(現お茶の水女子大)中等部中退。著作に「黒い肌と白い心」など。
【格言など】どんな子どもでも,人間として生を受けた以上,立派に育っていかなくてはなりません(「私の歩んだ道」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さわだみき【沢田美喜】

1901‐80(明治34‐昭和55)
社会事業家。三菱本家・旧男爵岩崎久弥の長女として東京で生まれ,外交官沢田廉三に嫁し,海外生活中にキリスト教(聖公会)に入信。第2次大戦後,駐留軍兵士と日本女性との間に生まれた混血孤児のために,1948年私財を投じて大磯にエリザベス・サンダース・ホームを開設し,2000人を超す孤児を育て,海外との養子縁組を進めた。その奉仕活動によって,62年朝日賞を受賞した。スペインマヨリカ島で客死。【八代 崇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沢田美喜
さわだみき
(1901―1980)

社会事業家。エリザベス・サンダース・ホーム(混血児養育施設、現在は児童養護施設)の創設者。三菱(みつびし)本家岩崎久弥(ひさや)の長女として東京・本郷に生まれる。お茶の水女高師中等部中退。22歳で外交官沢田廉三(れんぞう)(1888―1970)(のち初代国連大使)と結婚して海外生活を送り、ロンドンで孤児院をみて社会事業に関心をもつ。1948年(昭和23)2月、神奈川県大磯(おおいそ)町の岩崎別邸を政府から買い戻し、自力でホームを開設。第二次世界大戦後の混乱のなかで日本における混血児の救済に奔走した。国際的な人脈を生かして海外との養子縁組も進めた。1953年にホームの孤児のため聖ステパノ学園を創立。1964年にはブラジル、パラ州に混血児入植のための聖ステパノ農園をも開設した(財政上の理由で1975年手放す)。カトリック信仰を混血児への福祉実践のなかに生かした軌跡は一つの時代を体現していた。1960年、人道主義に貢献した全世界の女性のなかから選ばれるエリザベス・ブラックウェル賞、1962年度朝日賞(社会奉仕賞)を受賞。『黒い肌と白い心――サンダース・ホームへの道』などの著作がある。1980年5月12日旅行先のスペイン、マジョルカ島で死去。[小倉襄二]
『沢田美喜著『混血児の母――エリザベス・サンダース・ホーム』(1953・毎日新聞社) ▽沢田美喜著『黒い肌と白い心――サンダース・ホームへの道』(1963・日本経済新聞社) ▽日本テレビ編『子供たちは七つの海を越えた――エリザベス・サンダース・ホーム』(1979・日本テレビ放送網) ▽沢田美喜著『母と子の絆――エリザベス・サンダース・ホームの三十年』(1980・PHP研究所) ▽小坂井澄著『これはあなたの母――沢田美喜と混血孤児たち』(1982・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の沢田美喜の言及

【混血】より

…戦後の日本においてもこれらの〈混血児〉は社会問題となった。沢田美喜はエリザベス・サンダース・ホームを設立し(1948),これら〈混血児〉の養育に力を尽くした。また,現在もなお,外国の軍隊が駐屯する基地周辺で,多くの〈混血児〉が生まれている。…

※「沢田美喜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沢田美喜の関連キーワード石綿さたよ岡村重夫白石ハル竹内愛二沼田多美長谷川良信広重徹松原治郎役山礼子渡辺敏子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢田美喜の関連情報