コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河内源氏 かわちげんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河内源氏
かわちげんじ

清和源氏源頼信,頼義,義家の3代が河内国石川郡に住み活躍したので,これを河内源氏という。義家の子義親は源氏正統のとなり弟の義時はここに土着石川氏の祖となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわちげんじ【河内源氏】

貞純親王流の清和源氏から出た一流で,〈武の家〉としての源氏の代表的家系。源満仲の第3子で河内国石川・古市地方に本拠地を有した源頼信を祖とする。頼信は1028年(長元1)に起こった平忠常の乱の鎮定に功をあげ,その嫡子頼義,嫡孫義家はそれぞれ前九年・後三年の両役で奥州に転戦して武名を高め,このいわゆる源家三代によって武勇の家の評価が定まった。この源家三代の墳墓と伝えられるものが,羽曳野市通法寺に現存する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の河内源氏の言及

【源氏】より

…例えば上述の貞純親王流の清和源氏の場合,経基の子の満仲が摂津国多田地方を本拠地として豪族的武士に成長し,その長子頼光が嫡流をついで摂津源氏とよばれたが,その子孫からは多田源氏,美濃源氏などがでた。また満仲の第2子頼親は大和源氏,第3子頼信は河内源氏の祖となる。摂津源氏の本流は京都において中流貴族の道をたどったが,河内源氏は武の家として成長し,主として東国地方に勢威をはった。…

※「河内源氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河内源氏の関連キーワード源氏(げんじ)鶴岡八幡宮境内大阪(府)長田忠致通法寺跡源義家源義綱源頼義多田院源頼親源為義

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android