コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油坂峠 あぶらざかとうげ

5件 の用語解説(油坂峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油坂峠
あぶらざかとうげ

福井県東部の大野市岐阜県中部の郡上市の境にある峠。標高 750m。美濃街道の峠で,現在は国道 158号線が通っている。穴馬郷 (→和泉 ) から大野盆地への道は難所であったため,19世紀末頃まで穴馬郷は,峠越えの美濃地方 (岐阜県) との交流が深かった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あぶらざか‐とうげ〔‐たうげ〕【油坂峠】

岐阜・福井の県境、九頭竜(くずりゅう)川源流部に位置する峠。標高780メートル。西方に九頭竜ダムがある。冬はスキー場としてにぎわう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あぶらさかとうげ【油坂峠】

福井県大野郡和泉村と岐阜県郡上(ぐじよう)郡白鳥(しろとり)町の境にある峠。標高750m。九頭竜川の上流穴馬(あなま)谷と長良川の上流上ノ保(かみのほ)川の谷を結び,古くから大野と白鳥間の重要な交通路であったが,越前側は荒島岳直下の峡谷と深い雪のため,穴馬谷は白鳥と交渉が深かった。現在は国道158号線が通じ,冬季を除いてバスが走る。峠の岐阜県側急斜面にスキー場,福井県側に人造の九頭竜湖があって観光地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕油坂峠(あぶらざかとうげ)


福井県大野(おおの)市東部の九頭竜(くずりゅう)川源流部と岐阜県郡上(ぐじょう)市白鳥(しろとり)町の長良(ながら)川上流域を隔てる峠。標高約790m。国道158号と中部縦貫自動車道トンネルで抜ける。西4km付近まで九頭竜ダムの湖面が達する。岐阜県側に油坂スキー場がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油坂峠
あぶらざかとうげ

岐阜・福井県境にある峠。標高約810メートル。岐阜県郡上(ぐじょう)市白鳥(しろとり)町と福井県大野市和泉(いずみ)地区を結ぶ国道158号が、峠の下をトンネルで通過しており、峠西側(大野市)の斜面の道路は東側(郡上市)より緩やかである。1893年(明治26)ごろまでは、福井、大野方面へ出る九頭竜(くずりゅう)川沿いの道が開けてなかったので、上流の上穴馬(あなま)地区の住民は、峠を越えて郡上方面と交流していた。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

油坂峠の関連キーワード岐阜県大野郡白川村飯島岐阜県大野郡岐阜県大野郡白川村木谷岐阜県大野郡白川村島岐阜県大野郡白川村長瀬岐阜県大野郡白川村野谷岐阜県大野郡白川村福島岐阜県大野郡白川村馬狩岐阜県大野郡白川村牧岐阜県大野郡白川村御母衣

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone