コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油症 ユショウ

栄養・生化学辞典の解説

油症

 油脂の抽出装置に穴があいていたため,そこから漏れ出た PCBによって汚染されたコメの油脂を摂取することによって起こった疾病で,PCBの毒性による.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆしょう【油症】

PCBが原因となって起こった食品公害病。1968年10月,福岡県に痤瘡(ざそう)様皮疹主訴とした〈奇病〉が多発した。調査の結果,翌11月に,患者皮下脂肪と,患者の食品調理に用いられていたカネミ倉庫(株)製油部製のライスオイル(米ぬか油)に,鐘淵化学工業製のカネクロール400(PCBの一種)が含まれていることが明らかにされた。これ以来,この福岡を中心として長崎などにも多発していた〈奇病〉は油症あるいはカネミ油症と呼ばれるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆしょう【油症】

PCB およびその不純物(ダイオキシン類の PCDF など)に汚染された食用油(カネミ倉庫製の米糠油)を摂取したために生じた中毒症。にきび状の皮膚病変、吐き気・食欲不振・肝臓障害・脱力感などの症状を呈した。1968年(昭和43)、福岡県を中心に発生。また、1979年同様の「台湾油症」が発生した。カネミ油症。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油症
ゆしょう

1968年(昭和43)秋に福岡県を中心に発生したポリ塩化ビフェニル(PCB)中毒をいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の油症の言及

【公害病】より

…これは大気汚染が工場などの固定発生源からの硫黄酸化物を主体とするものから,移動発生源窒素酸化物を主体とするものに変わってきたことによって第一種地域の呼吸器疾患発生率が他とくらべて非常に高いという知見が認められなくなったためである。 また,公害健康被害補償法の対象とはなっていないが,食品公害の代表的な疾病である(カネミ)油症(PCB中毒症),(森永)ヒ素ミルク中毒症は明らかに公害病であり,さらに公害病予防の見地から考えると,千葉県君津市のダンプ公害による塵肺(じんぱい)傾向の増加や,名古屋市内の新幹線騒音・振動による睡眠障害,消化器疾患の増大などにも,注意と医学的知見の蓄積を図る必要性がある。残留性の高い農薬やアレルギー性疾患を起こす繊維加工剤などについても絶えず注意をはらっていかなければならない。…

※「油症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

油症の関連キーワードポリ塩素化ビフェニル化学物質による食中毒カネミ油症救済法ダイオキシン類カネミ油症救済新認定患者加藤三之輔製造物責任スモン訴訟紙野 柳蔵食品汚染肝臓障害原田正純不純物脱力感沢井裕米糠油

油症の関連情報