コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉熱 いずみねつIzumi fever

8件 の用語解説(泉熱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泉熱
いずみねつ
Izumi fever

猩紅熱 (しょうこうねつ) に似た全身性の発疹と発熱を伴う急性感染症異型猩紅熱といわれたこともあるが,まったく別の独立疾患と考えられる。 1927年金沢地方に流行し,金沢医科大学教授の泉仙助が初めて報告した (1929) ので,その名がつけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いずみ‐ねつ〔いづみ‐〕【泉熱】

発熱・発疹・消化器症状を伴う感染症。ネズミの糞尿で汚染された井戸水や食物によって経口感染し、小児に多い。昭和4年(1929)泉仙助が報告。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

泉熱【いずみねつ】

異型猩紅(しょうこう)熱の別名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

泉熱

 発熱,発疹,消化器疾患を起こす急性伝染病の一つで,発見者の名前から命名された.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

家庭医学館の解説

いずみねつ【泉熱 Izumi Fever】

[どんな病気か]
 飲食物を通じて感染する病気で、エルシニア菌の感染が原因です。
●かかりやすい年齢
 学童から思春期にかけての年代の人が、かかりやすい傾向があります。
●多発する季節
 春と秋に多発する傾向があります。集団発生することが多いのですが、散発することもあります。
[症状]
 潜伏期は4~10日です。急に38~40℃の熱が出て、寒け、頭痛、食欲不振がおこります。2日目ごろから、部位によって濃淡のある赤い発疹(ほっしん)が全身に現われますが、肘(ひじ)、手首、膝(ひざ)、足首などに密集して出る傾向があります。
 発疹はかゆく、舌がいちご舌になることもあります。
 5~6日して発疹が消えると、熱も37℃くらいまで下がります。これで治ることもありますが、その翌日あたりから熱が38~39℃に上がり、10日~2週間続くことが多いものです。この時期には、じんま疹(しん)のような発疹や結節性紅斑(けっせつせいこうはん)という発疹が、腕や下肢(かし)に現われることがあります。また、右下腹痛や1日数回の軽い下痢(げり)が多いのも、この病気の特徴です。
 2度目の解熱の後、さらに3度目の発熱が数日続くこともあります。
 余病をおこしたり、生命にかかわったりすることはありません。
[治療]
 テトラサイクリン系の抗生物質が効きます。
家庭看護ポイント
 高熱が続きますが、苦しい思いはしません。高熱の間は床に寝かせ、気持ちのいい程度に頭を冷やします。腹痛が強ければ、右下腹部を冷湿布(れいしっぷ)します。
 寝起きは病人の気分にまかせていいのですが、熱が長引く病気ですので、医師の指示を守ってください。
[予防]
 この病原菌をもっているネズミの糞(ふん)や尿で汚染された井戸水や食物をたべたり、飲んだりして感染しますから、ネズミの駆除と飲食物の保管に注意します。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いずみねつ【泉熱 Izumi fever】

猩紅熱(しようこうねつ)に似た病気で,異型猩紅熱ともいわれる。1927年に流行したものを泉仙助(1888‐1979)が独立疾患として報告した(1929)ので,その姓をとって泉熱と呼ばれるようになった。以来,50年代まで日本の各地でその流行がみられたが,近年はまれであり,外国にはこれに該当するものはないようである。 ウイルスによる感染症と考えられ,種々の疑わしいウイルスが分離されているが,どれが真の病因であるかは確認されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いずみねつ【泉熱】

猩紅熱しようこうねつに似た感染症。発疹が現れ、発熱と解熱を繰り返し、消化器症状を呈する。病原体はウイルスとされ、ネズミによる媒介が考えられている。異型猩紅熱。 〔報告者泉仙助(1888~1979)にちなむ〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泉熱
いずみねつ

発熱、全身性の発疹(ほっしん)、消化器症状を主症状とする感染症で、病原体は一種のウイルスとされるが、決定されていない。5~9歳の学童期にもっとも多く、90%は19歳以下にみられる。1959年(昭和34)ごろから集団発生がみられたが、65年ごろから患者の発生はまれになった。1929年に独立疾患として初めて記載した泉仙助の姓をとって泉熱とよばれる。しょうこう熱に似たところから異型しょうこう熱といわれたこともあるが、まったく別の病気である。病原体を保有するネズミの糞尿(ふんにょう)に汚染された水や生の食物を食べて伝染し、潜伏期は4~10日。急に40℃前後の発熱があり、翌日ごろから全身にかゆい発疹が現れ、いずれも5日間ぐらい続く。頭痛、嘔吐(おうと)、食欲不振などもみられる。熱はいったん下がるが一両日後にふたたび上昇し、1~2週間続いてから下熱してくる二峰型の熱型をとることが多い。高熱期に右下腹部(回盲部)に痛みや圧痛を訴えることが多く、また二次疹や結節紅斑(こうはん)をみることがあるのも特徴である。経過が長くても合併症は少なく、予後は良好である。有熱時に安静にしている程度でよく、重症の場合にはテトラサイクリンやクロラムフェニコールなどの抗生物質を使うが、ペニシリンはまったく無効である。[柳下徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泉熱の関連情報