コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法の精神 ほうのせいしんDe l'esprit des lois

6件 の用語解説(法の精神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法の精神
ほうのせいしん
De l'esprit des lois

フランスの思想家モンテスキューの法律論。 20年を費やして著わし,1748年ジュネーブで匿名出版。近代公法学の画期的な著作で,ロックイギリスの憲法理論に基づいて,政治的自由を実現するための三権分立を主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうのせいしん〔ハフのセイシン〕【法の精神】

《原題、〈フランスDe l'esprit des loisモンテスキュー著。1748年刊。諸国の法律制度を、自然的・社会的条件と関連づけて考察し、特にイギリス憲法を称賛、立法・行政・司法三権の分立を主張した政治思想書。万法精理。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

法の精神【ほうのせいしん】

モンテスキューの主著。《De l'esprit des lois》。1748年ジュネーブで匿名出版。立法の原理を各国の政体,習俗,風土,宗教,商業などとの関係において考察し,各国にそれぞれ適切な政治形態の存在しうることを示唆した後,フランスのような文明国民には政治的自由が必要であるから,英国の制限君主制望ましいとして三権分立論を説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうのせいしん【法の精神 De l’esprit des lois】

モンテスキューの主著。全2巻,31編。1748年にジュネーブで出版。匿名であったが,著者がモンテスキューであることはすぐに知れわたり,その所論がイギリスの議会で引用されるなど,西欧諸国で注目を集めた。従来の観念的な法思想とは違って,初期の版についていた副題が示すように,〈法が各政体の構造,習俗,気候,宗教,商業などともつべき関係〉のうちに〈法の精神〉を求めようとするものであっただけに,本書の理解や評価は必ずしも一様ではなかったが,現代では法社会学的研究の先駆として高く評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうのせいしん【法の精神】

政治思想書。モンテスキュー著。1748年刊。ロックの権力分離論を継承し、権力の恣意性・強圧から個人の政治的自由をまもるために、三権分立を唱えた。また、実定法と社会形成要因との間に見出だされる相関関係の総体を分析し、社会学的研究の先駆となる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法の精神
ほうのせいしん
De l'esprit des loisフランス語

モンテスキューの主著。1748年刊。本書において、著者は「人間の間で受け入れられたあらゆる制度」の比較考察を通して、社会的事実の実証科学を創設しようとする。
 あらゆる民族の社会と歴史は「事物の本性に由来する必然的関係」としての法(則)の帰結にほかならない。またすべての個々の法律は他の法律と結合して、より一般的な法に従属する。「一般に法とは、それが地上のすべての民族を支配する限り、人間の理性である」。個々の法はこの理性の特殊な適用でなくてはならず、さらに政体の本性と原理、国土の自然条件、民族の生活様式、宗教、性向、富、人口、風俗、習慣などと密接な関係をもたなくてはならない。これらの関係の総体が、いわゆる『法の精神』を形成する。
 なかでも「法律がそれぞれの政体の本性および原理との間にもつ関係」が「法の精神」の基軸をなす。政体の本性とは「それに固有の構造」つまり権力の所在と行使である。後者は「それを動かす人間の情念」つまり共和制における「徳」、貴族制の「節制」、君主制の「名誉」、専制の「恐怖」である。国家の発展と滅亡の原因は、この政体の本性と原理との均衡と矛盾に求められる。他の諸要素は、「それらに由来する一般精神」を介して間接的に影響を及ぼす。したがって各政体はそれぞれに固有の基本法をもつはずであり、またある民族には適切な法律や制度も、他の民族にはほとんど無益である。このように本書は、モンテスキューが社会歴史法則としての「法の精神」に基づいて、多種多様な法律や制度に与えた客観的で多面的な評価と改革の指針との集成でもある。[坂井昭宏]
『根岸国孝訳『世界の大思想16 法の精神』(1966・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の法の精神の言及

【権力分立】より

…ロックの権力分立論は,1689年の権利章典Bill of Rightsの採択によって総括されたイギリス市民革命の成果を,議会を本質的な担い手とする立法権の優位という定式化によって示すものであった。 モンテスキューの権力分立論は,《法の精神》(1748)の〈イギリス憲法論〉の章で展開されている。彼は1730年前後にイギリスに滞在し,当時まだ絶対王政下にあったフランスと対照的な,イギリスの自由な政治制度に強くひかれたという。…

【社会科学】より

… ロックの《人間知性論》は,人間の悟性的能力がすべて経験によって習得されたものであって,なんら生得的な能力によるものではないということを論証することを主題としたが,このことはまた,人間の社会生活における道徳的・実践的原理がなんらかのア・プリオリな超越的根拠から出てきたものでなく,人びとが経験を通じてお互いの利益になるように取り決めたものだという,《統治二論》の主題たる近代民主主義のテーゼとつながる。モンテスキューの《法の精神》は,この同じ問題を法思想・法制度の面から根拠づけた。両者はそれぞれ,近代における政治学と法律学を基礎づけるものとなった。…

【モンテスキュー】より

…22年以後,モンテスキューは主としてパリで生活してランベール夫人などのサロンに出入りし,26年に高等法院の職を手放してからは文筆活動に専念する。アカデミー・フランセーズの会員に選出された28年から3年にわたってイギリスその他の諸国を遍歴,帰国後はラ・ブレードとパリの間をときに往復しながら,膨大な資料に基づいて《法の精神》(1748)の著述にとりかかった。その一部ともいえる《ローマ人盛衰原因論》(1734)の刊行からなお十数年を費やして《法の精神》を完成したときには,ほとんど視力を失っていた。…

※「法の精神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法の精神の関連情報