コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法テラス ほうてらす

知恵蔵の解説

法テラス

2006年4月、総合法律支援法に基づいて設立された日本司法支援センターの愛称で、06年10月2日から業務を開始。司法制度をより国民に身近なものとし、全国どこでも法による紛争の解決に必要な情報やサービスの提供を受けられるようにする総合法律支援の中核を担う。具体的には、弁護士会、司法書士会や地方自治体等の関係機関と連携・協力をして、(1)適切な相談機関の紹介など、紛争の解決に必要な情報の提供、(2)資力のない国民に対する民事法律扶助、(3)国選弁護人の選任に関する業務、(4)司法過疎地における法律サービスの提供、(5)犯罪被害者等の支援などを行う。東京に本部事務所、全国の地方裁判所本庁所在地50カ所や司法過疎地などに地方事務所が置かれるほか、コールセンターを設置して、全国からの電話による相談に対して情報提供を行う。センターの業務の多くは契約弁護士等により行われるが、専門性への配慮と依頼者の利益を保護する必要等から、その職務の独立性が確保される。法テラスの愛称には、法で社会を明るく照らしたい、陽の当たるテラスのように安心できる場にしたいという思いが込められている。

(土井真一 京都大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

法テラス

正式名称は日本司法支援センター。身近な法的トラブルを解決するための情報提供を目的に、国が全国約110カ所に開設する。経済的に余裕のない人は、弁護士の無料相談を受けることもできる。京都の相談件数は、12年の6854件をピークに横ばいが続く。

(2017-04-15 朝日新聞 朝刊 京都市内・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法テラス
ほうテラス

日本司法支援センター」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法テラスの関連キーワード被疑者国選弁護制度司法制度改革審議会民事法律扶助事業民事法律扶助制度弁護士過疎地域被害者参加制度法テラスの日国選弁護制度法律扶助協会弁護人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法テラスの関連情報