コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法律回避 ほうりつかいひ

2件 の用語解説(法律回避の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法律回避
ほうりつかいひ

国際私法上,準拠法を導き出す媒介となっている連結素を故意に操作し,自己に都合のよい法律を準拠法とすること。かつて,婚姻締結に関するイングランド法を回避するため,スコットランドで婚姻をした例などが有名である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうりつかいひ【法律回避】

国際私法は,例えば日本の法例のように,当事者の国籍を連結点として本国法を身分的法律関係に適用したり,物が所在する場所を連結点として,所在地法を物権的法律関係に適用したりする。このように,問題の法律関係に適用される法(準拠法)は,国籍とか物の所在地というような連結点によって決まるので,連結点を変更すれば準拠法を変えることができることになる。そのため,例えば,離婚を禁止されている国の国民である夫婦が離婚を望んだ場合には,離婚準拠法を本国法と定めていて,かつ離婚を容易に認める国に帰化することによってその目的を達することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法律回避の関連キーワード江川英文実質法準国際私法ハーグ国際私法会議反致法例国際商法国際私法学会池原季雄折茂豊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法律回避の関連情報