コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自検断(読み)じけんだん

世界大百科事典 第2版の解説

じけんだん【自検断】

公権力でない私的集団が,その内部のメンバーに刑事裁判権警察権を行使すること。日本における中世国家権力は,社会の基層部にまでその権力が浸透せず,社会を構成する血縁地縁職能集団など数多くの集団は,強烈な自力救済観念のもと,みずからの力で集団内部の秩序を維持していた。武士団などの族的集団においてもこうしたことが行われたが,通常自検断という場合は,中世後期に成立した自律的集団たる国人一揆惣村などの検断をさす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自検断
じけんだん

中世後期、村落などで発生した犯罪について、犯科人を検挙し処断する「検断」手続きに際し、守護の介入を拒絶する意図をもって、「自検断」の語が用いられることがあった。中世、「大犯(だいぼん)三箇条」の語によって象徴される重犯の検断は、基本的にはその国を管轄する守護の職務とされていたが、本家・領家の権威をもって「守護不入(ふにゅう)」の特権を認められた荘園においては、守護検断によらず自前の検断を主張することがあり、これが「自検断」の原型をなす。中世後期、惣(そう)と呼ばれる村落共同体の生成に伴い、内部の秩序維持を惣の自律によって行おうとする動きが生じ、荘園の「守護不入」特権のそうした名目と看板によりつつ実際には「地下(じげ)検断」として村落ごとに遂行される「自検断」が生じた。その背景には、外部から検断の手が入ることによって関係者の所領や財物が「検断得分(とくぶん)」として押収され流出することを、回避しようとする意図があったものと推察される。[新田一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android