注ぐ/灌ぐ(読み)ソソグ

デジタル大辞泉の解説

そそ・ぐ【注ぐ/×灌ぐ】

[動ガ五(四)]《室町時代ごろまで「そそく」》

㋐流れ入る。流れ込む。「淀川は大阪湾に―・ぐ」
㋑雨や雪などがとぎれなく降りかかる。「雨が―・ぐ」「降り―・ぐ」

㋐流し入れる。また、容器に水などをつぐ。「田に水を―・ぐ」「茶碗に酒を―・ぐ」
㋑涙を流す。「熱い涙を―・ぐ」
㋒水などを上からかける。ふりかける。「盆栽に水を―・ぐ」
㋓もっぱら、その方へ向ける。一つことに集中する。「心血を―・ぐ」「視線を―・ぐ」「全力を―・ぐ」
[可能]そそげる
[下接句]油を注ぐ意を注ぐ心血を注ぐ火に油を注ぐ満面朱を濺(そそ)ぐ目を注ぐ

つ・ぐ【注ぐ】

[動ガ五(四)]《「継ぐ」と同語源》容器に物を満たす。特に、液体を容器にそそぎ入れる。「御飯を―・」「お茶を―・ぐ」
[可能]つげる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つぐ【注ぐ】

( 動五[四] )
〔「継ぐ」と同源〕
器に物を入れる。特に液状の物をそそぎ入れる。 「お茶を-・ぐ」 「飯を-・ぐ」
[可能] つげる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android