コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注ぐ/灌ぐ ソソグ

デジタル大辞泉の解説

そそ・ぐ【注ぐ/×灌ぐ】

[動ガ五(四)]《室町時代ごろまで「そそく」》

㋐流れ入る。流れ込む。「淀川は大阪湾に―・ぐ」
㋑雨や雪などがとぎれなく降りかかる。「雨が―・ぐ」「降り―・ぐ」

㋐流し入れる。また、容器に水などをつぐ。「田に水を―・ぐ」「茶碗に酒を―・ぐ」
㋑涙を流す。「熱い涙を―・ぐ」
㋒水などを上からかける。ふりかける。「盆栽に水を―・ぐ」
㋓もっぱら、その方へ向ける。一つことに集中する。「心血を―・ぐ」「視線を―・ぐ」「全力を―・ぐ」
[可能]そそげる
[下接句]油を注ぐ意を注ぐ心血を注ぐ火に油を注ぐ満面朱を濺(そそ)ぐ目を注ぐ

つ・ぐ【注ぐ】

[動ガ五(四)]《「継ぐ」と同語源》容器に物を満たす。特に、液体を容器にそそぎ入れる。「御飯を―・」「お茶を―・ぐ」
[可能]つげる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つぐ【注ぐ】

( 動五[四] )
〔「継ぐ」と同源〕
器に物を入れる。特に液状の物をそそぎ入れる。 「お茶を-・ぐ」 「飯を-・ぐ」
[可能] つげる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

注ぐ/灌ぐの関連キーワードアプリコットカクテルカンバーランド川ソルティードッグワンフィンガー薪に油を添えるラストキッス馬力を掛ける精を入れるトポゼロ湖豊田〈町〉灌水・潅水重点主義デカントウラル川注口土器外洋流域ドビナ川フラッペ阿武隈川水入れ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android