コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注ぐ/灌ぐ ソソグ

3件 の用語解説(注ぐ/灌ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そそ・ぐ【注ぐ/×灌ぐ】

[動ガ五(四)]《室町時代ごろまで「そそく」》

㋐流れ入る。流れ込む。「淀川は大阪湾に―・ぐ」
㋑雨や雪などがとぎれなく降りかかる。「雨が―・ぐ」「降り―・ぐ」

㋐流し入れる。また、容器に水などをつぐ。「田に水を―・ぐ」「茶碗に酒を―・ぐ」
㋑涙を流す。「熱い涙を―・ぐ」
㋒水などを上からかける。ふりかける。「盆栽に水を―・ぐ」
㋓もっぱら、その方へ向ける。一つことに集中する。「心血を―・ぐ」「視線を―・ぐ」「全力を―・ぐ」
[可能]そそげる
[下接句]油を注ぐ意を注ぐ心血を注ぐ火に油を注ぐ満面朱を濺(そそ)ぐ目を注ぐ

つ・ぐ【注ぐ】

[動ガ五(四)]《「継ぐ」と同語源》容器に物を満たす。特に、液体を容器にそそぎ入れる。「御飯を―・ぐ」「お茶を―・ぐ」
[可能]つげる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つぐ【注ぐ】

( 動五[四] )
〔「継ぐ」と同源〕
器に物を入れる。特に液状の物をそそぎ入れる。 「お茶を-・ぐ」 「飯を-・ぐ」
[可能] つげる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

注ぐ/灌ぐの関連キーワード姉小路式著し伊予札刮ぐ矧ぐ美濃彫捥ぐ贖ひ雪ぐ降注ぐ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone