コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津山検校(1世) つやまけんぎょう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津山検校(1世)
つやまけんぎょう[いっせい]

[生]? 名古屋
[没]天保7(1836).3.6. 大坂
盲人の地歌演奏,作曲家。都名 (いちな) 慶之一。豊賀四度,中川勾当を経て検校となる。大坂の津山系および中筋の祖。名古屋から大坂へ出て文化 (1804~18) 頃野川流長歌 40番,番外 10番の制度を定め,津山撥 (大坂系地歌三味線に用いる大型の撥で先端で薄くなる) を創始したといわれる。享和1 (1801) 年には菊永検校のもとで『新増大成糸の調』の校訂に参加。文政7 (24) 年刊『新選箏譜』収載の箏組歌『千代の友』を作曲,『玉鬘』『兆殿司』なども作曲,『道中双六』 (勢州某作曲) を改調したといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

津山検校(1世)の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)郡内騒動天保の飢饉タルカットニコライハウスフォスターニコライ森次左衛門渡辺政香

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android