コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津山検校(1世) つやまけんぎょういっせい

1件 の用語解説(津山検校(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津山検校(1世)
つやまけんぎょういっせい

[生]? 名古屋
[没]天保7(1836).3.6. 大坂
盲人の地歌演奏,作曲家。都名 (いちな) 慶之一。豊賀四度,中川勾当を経て検校となる。大坂の津山系および中筋の祖。名古屋から大坂へ出て文化 (1804~18) 頃野川流長歌 40番,番外 10番の制度を定め,津山撥 (大坂系地歌三味線に用いる大型の撥で先端で薄くなる) を創始したといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

津山検校(1世)の関連キーワード郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化テキサス併合浜田藩カトリーナ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone