コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津山検校(3世) つやまけんぎょうさんせい

1件 の用語解説(津山検校(3世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津山検校(3世)
つやまけんぎょうさんせい

[生]文化8(1811)/文化10(1813)
[没]明治2(1869)/明治4(1871).8.25. 大阪
盲人の地歌演奏,作曲家。初名豊沢四度,天保 14 (1843) 年に2世から三味線本手の伝授を受けた。同3年に伝授を受けた津山検校虎一や同 15年に別な伝授書に記されている豊賀検校虎一との関係は未詳であるが,あるいは都名を虎一,勾当名を豊賀といい,同一人物とも考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津山検校(3世)の関連キーワード中野龍田高橋晁山咄々庵寸来林田春海長谷川常雄異文化文化的大江荊山盛仁親王北条氏昉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone