コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽じょんがら節 ツガルジョンガラブシ

デジタル大辞泉プラスの解説

津軽じょんがら節

1973年公開の日本映画。監督・脚本斎藤耕一、脚本:中島丈博、撮影:坂本典隆、録音:杉崎喬。出演:江波杏子、織田あきら、中川三穂子、寺田農、戸田春子、東恵美子、富山真沙子ほか。第47回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第28回毎日映画コンクール日本映画大賞、撮影賞、録音賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

つがるじょんがらぶし【津軽じょんがら節】

〔じょんがらは「ちょんがれ」の訛なまり〕
青森県の民謡で、旧津軽領の芸人たちが舞台で唄ってきたもの。新潟県の「新保広大寺」が瞽女ごぜによって伝えられ、津軽三味線の伴奏とともに発展した。「津軽よされ節」「津軽おはら節」と合わせて津軽三つ物といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津軽じょんがら節
つがるじょんがらぶし

青森県の津軽地方の民謡。同地方の坊さま(座頭のこと)とかホイド(本来は祝詞人(ほぎびと)の意が乞食(こじき)の代名詞になる)とよばれる遊芸人たちが、門付(かどづけ)を中心に歌ってきたもので、その源流は、天明(てんめい)初年(1782ころ)新潟県十日町市下組(しもぐみ)新保で生まれた『新保広大寺』である。それが越後(えちご)瞽女(ごぜ)などの手によって長編の「口説(くどき)節」に仕立てられると、諸国の遊芸人の間に広まり、坊さまたちの持ち唄(うた)になっていった。ところが瞽女の掬(すく)い撥(ばち)多用の三味線技法が津軽で異常に発達し始め、加えて門付にはだれにもわかる芸ということから、太棹(ふとざお)でじょうぶな犬皮、一の糸を太く、撥は厚手でたたきまくる大きく激しい技法が発達、明治に梅田豊月(ほうげつ)という名人が出現し、今日の津軽三味線が確立された。しかもちょうど同じころ、浪花(なにわ)節の台頭で『津軽じょんがら節』は『津軽浪花節』としての舞台芸に発展していった。「じょんがら節」という曲名は、関西の「チョンガレ節」(祭文の大衆化したもの)と同種の語り物の意味らしい。[竹内 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

津軽じょんがら節の関連キーワード今 重造(初代)佐藤 英夫寺内タケシ東 恵美子ちょんがれ金沢明子青森県竹内瞽女

津軽じょんがら節の関連情報