流す(読み)ナガス

デジタル大辞泉「流す」の解説

なが・す【流す】

[動サ五(四)]
液体が流れるようにする。
㋐水などを流れさせる。「汚水をどぶに—・す」「トイレの水を—・す」
㋑血・・涙などをしたたらせる。「脂汗を—・す」「よだれを—・す」
水流に乗せて他の物を運ばせる。「いかだを—・す」「台風で橋が—・される」
㋓付着物を水や湯などで洗い落とす。「背中を—・す」「シャワーで汗を—・す」
物を動かして移らせる。
㋐空中に漂わせる。「異臭を—・す」
㋑流罪に処する。配流する。「罪人離れ島に—・す」
㋒次々にめぐらせる。「電流を—・す」「ムード音楽を—・す」
㋓広く伝わらせる。「デマを—・す」「情報を—・す」
㋔ひそかに売ったり渡したりする。「物資を闇に—・す」
物事が成立しないようにする。
㋐とりやめにする。中止する。「総会を—・す」「ゲームを—・す」
㋑わきにそらす。その事にこだわらないようにする。「論敵の攻撃を軽く—・す」「柳に風と聞き—・す」
㋒流産させる。「おなかの子を—・す」
㋓一定の期間が過ぎて質物の所有権を失う。「入質したカメラを—・す」
㋔力まないで気楽にする。「ウオーミングアップに一〇〇メートルを軽く—・す」
㋕野球で、流し打ちをする。「ライトに—・す」⇔引っ張る
客を求めてあちこち移り動く。「タクシーが盛り場を—・す」「酒場をギターを弾いて—・す」
遊郭で居つづける。流連する。
「長く居なさんな、息子株ぢゃああるめえし、—・せばとってがあらあな」〈浮世床・初〉
[可能]ながせる
[下接句]汗を流す汗水を流す油を流したよう車軸を流すに働けばかどが立つ、じょうさおさせば流される水に流すよだれを流す
[類語]洗うゆすすす晒す洗い上げる洗い立てる洗い直す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android