コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗う アラウ

2件 の用語解説(洗うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あら・う〔あらふ〕【洗う】

[動ワ五(ハ四)]
水などを使って汚れを取り去る。「食事の前に手を―・う」「雨に―・われて新緑が美しい」
海や川の水が打ち寄せて物にかかる。「大波に甲板が―・われる」
隠れている事柄を調べあげる。「身元を―・う」
心をすがすがしくする。「心が―・われる」
(「足をあらう」の形で)今までかかわっていた好ましくない仕事などを、きっぱりとやめる。「足を―・ってかたぎになる」
[可能]あらえる
[用法]あらう・すすぐ――「洗う」は水の中で、こすり、もみ、石鹸(せっけん)をつけるなどして、汚れを落とす意。「すすぐ」は水をかけたり、そのものの中に水を入れたりして汚れを流す意。「顔を洗う」とはいうが、「顔をすすぐ」とはいわない。「口をすすぐ」とはいえるが、ふつう「口を洗う」とはいわない。◇「洗濯物を洗う」は、洗剤を使って汚れを落とし、さらにその洗剤を洗い流すこと全体をいうが、「すすぐ」は最後に洗剤を落とすことについていう。◇「すすぐ」には「汚名をすすぐ」のような抽象的な用法があり、この場合、類似の語「そそぐ」と置き換えられるが、「洗う」では置き換えられない。◇類似の語に「ゆすぐ」があり、「洗い物をすすぐ(ゆすぐ)」と相通じて用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらう【洗う】

( 動五[四] )
水でよごれを落とす。きれいにする。 「手を-・う」 「着物を-・う」 「心が-・われる思いがする」
犯罪・秘密などを明らかにするため調べる。 「交友関係を-・う」
波が岸に寄せては返す。 「岸べを-・う波」 〔上代からの語〕
[可能] あらえる
[慣用] 足を- ・赤貧-が如し ・血で血を- ・流れに耳を-

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洗うの関連情報