コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗う アラウ

デジタル大辞泉の解説

あら・う〔あらふ〕【洗う】

[動ワ五(ハ四)]
水などを使って汚れを取り去る。「食事の前に手を―・う」「雨に―・われて新緑が美しい」
海や川の水が打ち寄せて物にかかる。「大波に甲板が―・われる」
隠れている事柄を調べあげる。「身元を―・う」
心をすがすがしくする。「心が―・われる」
(「足をあらう」の形で)今までかかわっていた好ましくない仕事などを、きっぱりとやめる。「足を―・ってかたぎになる」
[可能]あらえる
[用法]あらう・すすぐ――「洗う」は水の中で、こすり、もみ、石鹸(せっけん)をつけるなどして、汚れを落とす意。「すすぐ」は水をかけたり、そのものの中に水を入れたりして汚れを流す意。「顔を洗う」とはいうが、「顔をすすぐ」とはいわない。「口をすすぐ」とはいえるが、ふつう「口を洗う」とはいわない。◇「洗濯物を洗う」は、洗剤を使って汚れを落とし、さらにその洗剤を洗い流すこと全体をいうが、「すすぐ」は最後に洗剤を落とすことについていう。◇「すすぐ」には「汚名をすすぐ」のような抽象的な用法があり、この場合、類似の語「そそぐ」と置き換えられるが、「洗う」では置き換えられない。◇類似の語に「ゆすぐ」があり、「洗い物をすすぐ(ゆすぐ)」と相通じて用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらう【洗う】

( 動五[四] )
水でよごれを落とす。きれいにする。 「手を-・う」 「着物を-・う」 「心が-・われる思いがする」
犯罪・秘密などを明らかにするため調べる。 「交友関係を-・う」
波が岸に寄せては返す。 「岸べを-・う波」 〔上代からの語〕
[可能] あらえる
[慣用] 足を- ・ 赤貧-が如し ・ 血で血を- ・ 流れに耳を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

洗うの関連キーワードウォッシュト・デニムmorning shampooボディーウオッシュフェースウオッシュボディーシャンプーフィンガーボウル芋の子を洗うようハンドウオッシュスロップシンクデッキブラシ芋を洗うようウオッシュワッシャー化粧石鹸手洗い鉢摘み洗い耳を滌ぐ振洗い流し板足洗い

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洗うの関連情報