コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗う アラウ

2件 の用語解説(洗うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あら・う〔あらふ〕【洗う】

[動ワ五(ハ四)]
水などを使って汚れを取り去る。「食事の前に手を―・う」「雨に―・われて新緑が美しい」
海や川の水が打ち寄せて物にかかる。「大波に甲板が―・われる」
隠れている事柄を調べあげる。「身元を―・う」
心をすがすがしくする。「心が―・われる」
(「足をあらう」の形で)今までかかわっていた好ましくない仕事などを、きっぱりとやめる。「足を―・ってかたぎになる」
[可能]あらえる
[用法]あらう・すすぐ――「洗う」は水の中で、こすり、もみ、石鹸(せっけん)をつけるなどして、汚れを落とす意。「すすぐ」は水をかけたり、そのものの中に水を入れたりして汚れを流す意。「顔を洗う」とはいうが、「顔をすすぐ」とはいわない。「口をすすぐ」とはいえるが、ふつう「口を洗う」とはいわない。◇「洗濯物を洗う」は、洗剤を使って汚れを落とし、さらにその洗剤を洗い流すこと全体をいうが、「すすぐ」は最後に洗剤を落とすことについていう。◇「すすぐ」には「汚名をすすぐ」のような抽象的な用法があり、この場合、類似の語「そそぐ」と置き換えられるが、「洗う」では置き換えられない。◇類似の語に「ゆすぐ」があり、「洗い物をすすぐ(ゆすぐ)」と相通じて用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あらう【洗う】

( 動五[四] )
水でよごれを落とす。きれいにする。 「手を-・う」 「着物を-・う」 「心が-・われる思いがする」
犯罪・秘密などを明らかにするため調べる。 「交友関係を-・う」
波が岸に寄せては返す。 「岸べを-・う波」 〔上代からの語〕
[可能] あらえる
[慣用] 足を- ・赤貧-が如し ・血で血を- ・流れに耳を-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洗うの関連キーワード支う為合う衒う綯う言繕う耡う囲まう切払う付添う雇う

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洗うの関連情報