コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅野川 あさのがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅野川
あさのがわ

石川県中央部,金沢市を流れる川。全長 33km。富山県境の順尾山に源を発した河内谷が石黒付近で浅野川と名を変え,北西流して金沢市街地を流れ,河北潟に注ぐ。かつては金沢城の北東側を防衛する役割を果した。アユや金沢料理に使われるカジカ (ゴリ) を産し,市民に親しまれてきた。洪水防止のため,1974年導水路を設け,犀川へ分水している。上流に湯涌温泉があり,金沢市内の河畔泉鏡花の『滝の白糸 (義血侠血) 』で知られる。下流で合流する大野川の河口に金沢港がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あさのがわ【浅野川】

石川県中部を北西に流れ、金沢市市街地を通り河北潟に注ぐ川。犀川とほぼ並行して流れる。金沢名産のゴリを産する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕浅野川(あさのがわ)


石川県金沢(かなざわ)市を流れる川。富山県境の順尾(じゅんのう)山(標高883m)に源を発し、北西流して市街地北部を流れ大野(おおの)川に合流する。延長29km。2級河川(大野川水系)。上流域に湯涌(ゆわく)温泉がある。下流部は洪水が頻発、犀(さい)川へ分水される。ゴリ漁が名物。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅野川
あさのがわ

石川県金沢市を流れる川。市の南東、順尾(ずんのお)山に源を発し、北西流して金沢市街北東部を流れ、大野川に注ぐ。延長29キロメートル。犀(さい)川とともに金沢市民に親しまれている。名物のゴリを産し、河畔は泉鏡花(きょうか)作『義血侠血(きょうけつ)』の舞台で、かつては芝居小屋もありにぎわった。下流は河口から金沢駅付近まで舟運もみられた。洪水もあり、1974年(昭和49)犀川への分水工事を行った。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅野川の関連情報