コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅野総一郎 あさのそういちろう

8件 の用語解説(浅野総一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅野総一郎
あさのそういちろう

[生]嘉永1(1848).3.10. 富山
[没]1930.11.9. 大磯
日本セメント産業の創設者,のちの浅野財閥の総帥。 1883年官営セメント工場深川工作分局の払下げを受け,これを基礎に 98年浅野セメント合資会社 (日本セメントの前身) を設立。関連事業として磐城炭礦,東京瓦斯,浅野石油,東洋汽船を設立,さらに鶴見-川崎間の遠浅の海岸を埋立てて大工業地帯を造成し,製鉄所,造船所も設立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

浅野総一郎

1848年に能登半島の薮田村(現・氷見市)に生まれる。父親は町医者ながら、15歳で大商人をめざして最初の商売を興すも、執と失敗し「総一郎ではなく損一郎」とも言われた。借金を抱えながら24歳で上京。廃品利用の事業を始め、後にセメント業に目を付ける。官営深川セメント(後の浅野セメント、現・太平洋セメント)の払い下げを受けたり、浅野造船所(後の日本鋼管、現・JFEスチール)を創立したりするなど実業家として成功を収めた。臨海部の利点にいち早く気づき、京浜地区の大規模埋め立てに積極的に取り組むなど「工業都市川崎」の発展の立役者の一人となった。1930年死去。

(2006-01-21 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あさの‐そういちろう〔‐ソウイチラウ〕【浅野総一郎】

[1848~1930]実業家。富山の生まれ。渋沢栄一の助力を得て官営深川セメント工場の払い下げを受け、浅野セメントを設立。海運・炭鉱・造船など事業を多角化し、浅野財閥を築いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浅野総一郎【あさのそういちろう】

実業家。浅野財閥の創始者。富山の人。1871年,上京して商売をはじめ,薪炭を商っていたとき横浜ガス事業の廃物(コークスコールタール)に着眼,その売込に成功。渋沢栄一の知遇を得て官営深川セメント工場を獲得(1898年,浅野セメント合資会社設立),のちセメント王となる。
→関連項目日本セメント[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野総一郎 あさの-そういちろう

1848-1930 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)元年3月10日生まれ。明治6年横浜で薪炭・石炭販売店をひらく。17年渋沢栄一の助力で官営深川セメント工場の払い下げをうけ,浅野セメント(のち日本セメント)として発展させる。安田善次郎の資金援助をうけて海運,鉱山,造船,鉄鋼,電力など多角的に事業を展開,一代で浅野財閥をきずいた。昭和5年11月9日死去。83歳。越中(富山県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あさのそういちろう【浅野総一郎】

1848‐1930(嘉永1‐昭和5)
実業家,浅野財閥の創設者。越中国藪田(現,富山県氷見市)に百姓医者浅野泰順の長子として生まれた。1871年(明治4)上京,お茶の水橋で水売を始め,竹の皮商から薪炭商へ転じ,コークスの売込みで成功した。渋沢栄一の知遇を得て,投機商人から産業資本家への道が開けた。渋沢の保証で官営深川セメント製造所を貸与され,84年払下げを受け,浅野工場(のちの浅野セメント)を設立した。生産設備を改善・増強し,業界の首位を占め日本のセメント王となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あさのそういちろう【浅野総一郎】

1848~1930) 実業家。越中の人。渋沢栄一の援助によって官営深川セメント工場の払い下げを受け、浅野セメント会社を設立。他の分野にも進出して、浅野財閥を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅野総一郎
あさのそういちろう
(1848―1930)

浅野財閥の創設者。富山県に生まれる。少年時代より商才にたけ各種の商業を営んだが失敗し、1871年(明治4)東京へ出奔した。やがて薪炭、石炭などの商売から渋沢栄一の知遇を得るなど、後日の発展の糸口をつかんだ。1884年渋沢の助力により官営深川セメント工場の払下げに成功し、以後、革新的な努力を傾注して浅野セメント(後の日本セメント、現太平洋セメント)を国内随一のセメント・メーカーに発展させた。また1891年東洋汽船を設立、日本最初の太平洋定期航路を開設した。さらに1913年(大正2)鶴見、川崎沿岸150万坪(約500万平方メートル)の埋立て事業に着手、昭和初期までに完工させた(現在の京浜工業地帯の一部)。そのほか炭鉱、造船、製鉄、電力、貿易などの事業へ多角的拡大を図り、浅野財閥を築き上げた。なお安田善次郎(安田財閥の創設者)から多くの資金援助を受けており、両者の関係については「浅野はエンジンで、安田は石炭」などとも例えられた。[小早川洋一]
『浅野泰治郎・良三著『浅野総一郎』(1923・浅野文庫) ▽高橋亀吉著『日本財閥の解剖』(1930・中央公論社) ▽斎藤憲著『稼ぐに追いつく貧乏なし――浅野総一郎と浅野財閥』(1998・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浅野総一郎の言及

【日本セメント[株]】より

…1873年(明治6)に大蔵省土木寮建設局が東京深川に建設した摂綿篤(セメント)製造所がその前身。83年浅野総一郎が同所を借り受けて経営し,84年には払い下げられ,渋沢栄一と共同の匿名組合浅野工場として発足した。その後93年には門司工場を建設,1903年には深川工場に日本最初の回転窯を設置するなど事業を拡張した。…

※「浅野総一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浅野総一郎の関連キーワード見附島巌門能登空港奥能登富山県氷見市中央町富山県氷見市富山県氷見市本町富山県氷見市柳田富山県氷見市薮田外浦(能登半島)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅野総一郎の関連情報