コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜島[町] はまじま

2件 の用語解説(浜島[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

浜島[町]【はまじま】

三重県東部,志摩郡の旧町。主集落は英虞(あご)湾の湾口にあり,遠洋漁業基地で,水産加工真珠養殖も盛ん。海岸の景色がすぐれ伊勢志摩国立公園に属する。2004年10月志摩郡大王町,志摩町,阿児町,磯部町と合併し,志摩市となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまじま【浜島[町]】

三重県南東部,志摩郡の町。人口6509(1995)。志摩半島南部にあり,南は志摩町西端の御座岬と相対して英虞(あご)湾の湾口を扼する。南東に突出する大崎半島に囲まれた内湾はリアス海岸を形成。英虞湾見下ろす浜島の目戸(めど)山には円墳が分布し,目戸山古墳群呼ばれる。中世の伊勢神宮領迫御厨は迫子(はざこ)に,奈波利御厨は南張(なんばり)におのおの比定されている。浜島港は江戸時代から漁港,避難港としてにぎわい,現在は遠洋漁業基地で,県立水産試験場もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone