コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦富海岸(読み)うらどめかいがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦富海岸
うらどめかいがん

鳥取県北東端,岩美町の海岸の総称。海岸線は東西約 15kmで,東は兵庫県境の陸上岬(くがみみさき),西は駟馳山(しちやま)までをさす。リアス海岸海食崖海食洞など海岸地形は変化に富み,千貫松島,菜種島,竜神洞,鴨ヶ磯など珍しい海岸美が見られ,国の名勝天然記念物に指定されている。地質も複雑で寒地系,暖地系植生が共存。山陰海岸国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うらどめ‐かいがん【浦富海岸】

鳥取県北東部、岩美(いわみ)郡岩美町の日本海沿岸一帯の称。海食地形に富む名勝地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

浦富海岸【うらどめかいがん】

鳥取県東部,岩美町の東西約15kmにわたる日本海岸。花コウ岩の断崖,海食洞,甌穴(おうけつ),奇岩がみられ,千貫松島,蓬莱島,菜種島など多くの小島が散在。浦富湾は海水浴に適し,山陰海岸国立公園に属する。
→関連項目岩美[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うらどめかいがん【浦富海岸】

鳥取県東部の岩石海岸。東は兵庫県境から西は駟馳(しち)山までの屈曲に富む海岸で,山陰海岸国立公園の核心をなす。とくに網代(あじろ)から浦富までの変化に富む約3kmの花コウ岩質の海岸は浦富西海岸と呼ばれ,多くの小岬や鴨ヶ磯などの入江,菜種島,黒島,松島などの島,海賊穴などの海食洞や波食微地形があり,磯なれ松,イワツバメなども存在する。浦富東海岸には羽尾岬,陸上岬の岩石海岸や竜神洞と呼ぶ著名な海食洞などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うらどめかいがん【浦富海岸】

鳥取県北東隅、岩美町の日本海沿岸一帯の称。海食地形とリアス式海岸で知られる。山陰海岸国立公園の特別保護区に指定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕浦富海岸(うらどめかいがん)


鳥取県北東端、岩美(いわみ)町の岩石海岸。長さ約10km。海食崖(かいしょくがい)が発達し、菜種(なたね)島・千貫松(せんがんまつ)島の小島や竜神(りゅうじん)洞などの洞窟(どうくつ)、洞門が連続する景勝地で、国指定名勝・天然記念物。山陰海岸国立公園に属し、海水浴場が点在する。海中公園・自然科学館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浦富海岸の関連情報