浮世小路(読み)うきよしょうじ

精選版 日本国語大辞典「浮世小路」の解説

うきよ‐しょうじ ‥セウぢ【浮世小路】

[一] 近世大坂の高麗橋筋と今橋筋の中間、東西の通りをいった。元祿(一六八八‐一七〇四)頃、奉公人の出合い宿や色里通いの駕籠屋(かごや)が多かった。現在の大阪市中央区今橋二丁目・高麗橋二丁目のあたり。
[二] 江戸日本橋室町横町の俗称。食べ物店が多かった。〔随筆・骨董集(1813)〕

うきよ‐こうじ ‥こうぢ【浮世小路】

[1] 〘名〙 種々の商店などがあり、浮世の縮図のような小路。また、人の世を小路にたとえた語。
※雑俳・蓬莱山(1709)「かづき着てうき世こうじをしゃんなしゃな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「浮世小路」の解説

うきよ‐こうじ〔‐こうぢ〕【浮世小路】

裏長屋など、浮世の縮図のような小路。また、世間、世の中の意にもたとえていう。→浮世小路うきよしょうじ
「―の何軒目に狭苦しく暮らした時とは」〈漱石草枕

うきよ‐しょうじ〔‐セウぢ〕【浮世小路】

近世、大坂の高麗橋筋と今橋筋の中間にあった小路。出合い宿が多くあった。
江戸の日本橋室町にあった小路。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android