コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海上保安大学校 かいじょうほあんだいがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海上保安大学校
かいじょうほあんだいがっこう

1951年海上保安庁の付属機関として設置された大学校。海上保安庁幹部職員の養成を目的としている。 1980年初の女子学生が入学。教育期間は本科4年,専攻科6ヵ月で,卒業後は全国各地の海上保安部などに配属される。 92年より卒業者には「学士 (海上保安正) 」の学位が授与されている。入学定員は約 50名 (1997) 。広島県呉市若葉町にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいじょうほあん‐だいがっこう〔カイジヤウホアンダイガクカウ〕【海上保安大学校】

海上保安庁の付属機関の一。幹部職員の養成を目的とするもので、昭和26年(1951)広島県呉(くれ)市に開設

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

海上保安大学校【かいじょうほあんだいがっこう】

海上保安庁職員の教育訓練機関。市にあり,海上保安庁の付属機関で,学校教育法に基づく大学ではない。1951年設立。航海,機関,通信の3科があり4年制。海上保安学校(舞鶴市)の上級学校で,米国の沿岸警備隊訓練学校がモデル。
→関連項目大学(教育)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海上保安大学校
かいじょうほあんだいがっこう

海上保安庁法により1951年(昭和26)に設置された、海上保安庁職員の訓練を行うための同庁の施設等機関。海上保安業務に必要な専門的・技術的な教育を行う。海上保安大学校(4年制)には、人文社会科学、自然科学、外国語、法学、情報科学、海上警察学、海上安全工学、救難防災学、海洋学、航海学、船舶工学、舶用電気工学などの講座が置かれる。受験資格は、高校卒業か中等教育学校卒業、高等専門学校第3学年修了者、あるいは高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者であることであり、年齢制限がある。第一次試験(筆記)と第二次試験(作文、人物試験、身体検査、身体測定、体力検査)がある。海上保安大学校の学生は、海上保安庁職員として給与のほか諸手当が支給される。卒業後、国土交通省外局の海上保安庁職員たる海上保安官となる。[平田和一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

海上保安大学校の関連キーワード呉[市]呉(市)練習船

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海上保安大学校の関連情報