コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海別岳 うなべつだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海別岳
うなべつだけ

北海道東部,知床半島基部にある火山。標高 1419m。斜里,羅臼,標津3町の境に位置し,標高 700m以下の浸食された山地を基盤とする円錐 (コニーデ) 形の火山。寄生火山に小海別岳 (890m) がある。千島火山帯に属し,おもに安山岩玄武岩から成る。斜里岳道立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕海別岳(うなべつだけ)


北海道東部の知床(しれとこ)半島基部にそびえる火山。標高1419m。ゆるやかな傾斜で広大な裾野(すその)をもつ。全山がエゾマツ・トドマツなどの針葉樹におおわれている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の海別岳の言及

【知床半島】より

…東岸は根室海峡を隔てて国後(くなしり)島に相対する。新第三紀の堆積岩,火山角レキ岩,凝灰岩などを基盤とし,第四紀に噴出した海別(うなべつ)岳(1419m),遠音別(おんねべつ)岳(1331m),最高峰の羅臼岳(1661m),硫黄山(1563m),知床岳(1254m)などの知床連山と呼ばれる山脈が縦走し,半島の東岸と西岸の分水界をなす。硫黄山は頂部に北側に開いた馬蹄形の爆裂火口(径約1.2km)をもつ活火山で,明治期以降にも4回の噴火を繰り返し,1889年,1936年の噴火の際には北麓に多量の溶融硫黄を流出させた。…

※「海別岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

海別岳の関連キーワード裾野

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android