海士町(読み)あま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海士〔町〕
あま

島根県隠岐諸島,島前中ノ島を中心とする町。 1969年町制。大部分畑地で,かつては牧畑が主であった。水産養殖業,畜産が行われるが,サービス業など第3次産業への移行が目立っている。後鳥羽上皇行在所跡や火葬塚があり,明屋海岸など景勝地が多い。天然記念物クロキヅタの産地。町域の一部は大山隠岐国立公園に属する。菱浦港に本土と西郷 (島後) を結ぶ定期船が立寄る。面積 33.43km2。人口 2353(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海士町

隠岐諸島の主要4島のうち中ノ島にあり、農業や漁業が主産業。終戦直後に約7千人の住民がいたが、島を出る若者らが相次いで人口減少が続き、65歳以上の高齢者が約4割を占める。鎌倉時代承久の乱で幕府に敗れた後鳥羽上皇が流され、亡くなった島として知られる。

(2008-06-22 朝日新聞 朝刊 地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海士町の関連情報