コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底通信 かいていつうしん

2件 の用語解説(海底通信の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

海底通信【かいていつうしん】

海底ケーブルによる通信。1847年初めてドーバー海峡に,1858年には大西洋横断ケーブルが布設され,以後主として英国,デンマークにより布設が進められた。日本では1871年長崎〜上海間に布設されたのが最初。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいていつうしん【海底通信 submarine communication】

海を隔てた2地点または複数地点を海底ケーブルで結び,電信,電話,データなどの通信を行うことをいう。1850年に電信用の海底ケーブルがドーバー海峡に敷設されたのが海底通信始まりである。その後,66年には大西洋横断ケーブルが敷設された。20世紀初頭には,海底電信ケーブルは世界各国に張り巡らされた。日本近海に海底ケーブルが敷設されたのは,1871年デンマークの大北電信会社により上海~長崎~ウラジオストク間に敷設されたものが最初である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海底通信の関連キーワード遠地点近地点近点月海底ケーブル川越し弾着距離地点着地点アウトアンドリターンフライイン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海底通信の関連情報