コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海膨(かいぼう) かいぼうrise

翻訳|rise

知恵蔵の解説

海膨(かいぼう)

海底の細長い高まりのうちでも、海嶺よりは勾配が緩く、起伏も少ないもの。今も拡大を続け、中軸部での熱水噴出が確認される東太平洋海膨と、すでに活動を停止した北西太平洋のシャツキー海膨などに大別できる。前者は、太平洋の東南部をメキシコ南西沖から南極海域まで南北に切る海底山脈で、東西に年に6〜8cmの割合で広がっている。

(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

海膨(かいぼう)の関連キーワード南オーストラリア海盆トランスフォーム断層オーストラル海山列マダガスカル海嶺インド洋中央海嶺南東インド洋海膨ペルー中央インド洋海盆サンゴ(珊瑚)礁マダガスカル海盆大洋底変成作用南フィジー海盆太平洋プレートダーウィン海膨フィリピン海溝大西洋中央海嶺南東太平洋海盆ロードハウ海膨北西太平洋海膨南西太平洋海盆

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android