コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深川湖十(2代) ふかがわ こじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深川湖十(2代) ふかがわ-こじゅう

?-1746 江戸時代中期の俳人。
甲斐(かい)(山梨県)の人。初代湖十の養子となり,享保(きょうほう)18年2代をつぐ。其角(きかく)座の中心人物として活躍。延享3年1月24日死去。本姓は村瀬。別号に永機,巽窓,巽籬(そんり)斎,歌舞庵など。編著に「犬新山家(いぬしんさんが)」「ふるすだれ」など。
【格言など】誹諧(はいかい)の変化は時の花に流行すとも,正風のまことは霜にいたまず,嵐にちらず(「江戸廿歌仙」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

深川湖十(2代)の関連キーワードフェリペベニョフスキー穴井六郎右衛門菅原伝授手習鑑カルル・フリードリヒコリンズ児童文学三大名作塙保己一歌体約言