深川湖十(2代)(読み)ふかがわ こじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深川湖十(2代) ふかがわ-こじゅう

?-1746 江戸時代中期の俳人。
甲斐(かい)(山梨県)の人。初代湖十の養子となり,享保(きょうほう)18年2代をつぐ。其角(きかく)座の中心人物として活躍。延享3年1月24日死去。本姓は村瀬。別号に永機,巽窓,巽籬(そんり)斎,歌舞庵など。編著に「犬新山家(いぬしんさんが)」「ふるすだれ」など。
【格言など】誹諧(はいかい)の変化は時の花に流行すとも,正風のまことは霜にいたまず,嵐にちらず(「江戸廿歌仙」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android