コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深川湖十(2代) ふかがわ こじゅう

1件 の用語解説(深川湖十(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深川湖十(2代) ふかがわ-こじゅう

?-1746 江戸時代中期の俳人。
甲斐(かい)(山梨県)の人。初代湖十の養子となり,享保(きょうほう)18年2代をつぐ。其角(きかく)座の中心人物として活躍。延享3年1月24日死去。本姓は村瀬。別号に永機,巽窓,巽籬(そんり)斎,歌舞庵など。編著に「犬新山家(いぬしんさんが)」「ふるすだれ」など。
【格言など】誹諧(はいかい)の変化は時の花に流行すとも,正風のまことは霜にいたまず,嵐にちらず(「江戸廿歌仙」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

深川湖十(2代)の関連キーワードフェリペ穴井六郎右衛門児童文学三大名作塙保己一荒木田久老歌体約言勘六司天台富永仲基

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone