コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清見潟 きよみがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清見潟
きよみがた

静岡県中部,静岡市清水興津清見寺門前の海岸。前面には三保半島清水港をいだいて突出し,北東には富士山,南東には駿河湾をへだてて伊豆の天城連山を望み,古くから東海道の景勝地として有名。気候温暖で西園寺公望の別邸坐漁荘はこの海岸にあった。第2次世界大戦後,清水港の拡充整備に伴い海岸の埋立てが進められ,臨海工業地に変わっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きよみ‐がた【清見潟】

静岡市東部、旧清水市の興津(おきつ)から袖師にかけての海岸。清水港を隔てて三保(みほ)の松原に対する。[歌枕
「―波ぢの霧は晴れにけり夕日にのこるみほのうら松」〈玉葉・秋下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きよみがた【清見潟】

静岡市清水区興津おきつ、清見せいけん寺の前の海岸。三保松原に接し、古来景勝地として知られた。⦅歌枕⦆ 「見し人の面影とめよ-袖にせきもる浪のかよひぢ/新古今 恋四

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清見潟
きよみがた

静岡市の興津(おきつ)から袖師(そでし)にかけての海岸。庵原(いはら)山地が清水港に迫る山麓(さんろく)に清見(せいけん)寺があり、国指定名勝の庭園をもつが、その眼下の内湾と対岸の三保(みほ)の半島は優れた景観で、『万葉集』以降多くの詩歌に歌われ、万葉には「廬原(いほはら)の清見の崎の三保の浦のゆたけき見つつ物思ひもなし」と詠まれている。明治末期からは海岸保養地として別荘も建てられ、西園寺公望(さいおんじきんもち)の坐漁(ざぎょ)荘は有名であった。清水港の拡張と整備、沿岸の埋立てにより往時のおもかげは失われ、興津埠頭(ふとう)はコンテナ基地となり人工海岸となった。[北川光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

清見潟の関連キーワード朝鮮通信使遺跡清水川 元吉清水川元吉龍華寺清見

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android