コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清見潟 きよみがた

4件 の用語解説(清見潟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清見潟
きよみがた

静岡県中部,静岡市清水の興津,清見寺門前の海岸。前面には三保半島清水港をいだいて突出し,北東には富士山,南東には駿河湾をへだてて伊豆の天城連山を望み,古くから東海道の景勝地として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きよみ‐がた【清見潟】

静岡市東部、旧清水市の興津(おきつ)から袖師にかけての海岸。清水港を隔てて三保(みほ)の松原に対する。[歌枕]
「―波ぢの霧は晴れにけり夕日にのこるみほのうら松」〈玉葉・秋下〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きよみがた【清見潟】

静岡市清水区興津おきつ、清見せいけん寺の前の海岸。三保松原に接し、古来景勝地として知られた。⦅歌枕⦆ 「見し人の面影とめよ-袖にせきもる浪のかよひぢ/新古今 恋四

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清見潟
きよみがた

静岡市の興津(おきつ)から袖師(そでし)にかけての海岸。庵原(いはら)山地が清水港に迫る山麓(さんろく)に清見(せいけん)寺があり、国指定名勝の庭園をもつが、その眼下の内湾と対岸の三保(みほ)の半島は優れた景観で、『万葉集』以降多くの詩歌に歌われ、万葉には「廬原(いほはら)の清見の崎の三保の浦のゆたけき見つつ物思ひもなし」と詠まれている。明治末期からは海岸保養地として別荘も建てられ、西園寺公望(さいおんじきんもち)の坐漁(ざぎょ)荘は有名であった。清水港の拡張と整備、沿岸の埋立てにより往時のおもかげは失われ、興津埠頭(ふとう)はコンテナ基地となり人工海岸となった。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清見潟の関連キーワード静岡県静岡市駿河区池田静岡県静岡市葵区梅ヶ島静岡県静岡市葵区北静岡県静岡市葵区沓谷静岡県静岡市葵区下静岡県静岡市駿河区登呂静岡県静岡市葵区羽鳥静岡県静岡市葵区南沼上静岡県静岡市駿河区谷田静岡県静岡市清水区由比

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清見潟の関連情報