コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清風与平(初代) せいふう よへい

2件 の用語解説(清風与平(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清風与平(初代) せいふう-よへい

1803-1861 江戸時代後期の陶工。
享和3年生まれ。京都にでて2代高橋道八の弟子となる。文政10年ごろ五条橋東に窯をきずき,白磁,染め付け,金襴手(きんらんで)などを制作した。また,備前岡山の虫明(むしあけ)焼の指導にもあたった。文久元年死去。59歳。加賀(石川県)出身。号は梅賓。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清風与平(初代)

没年:文久3(1863)
生年:享和3(1803)
幕末の京焼の陶工。号は梅賓。加賀(金沢)藩士保田弥平の子で,文化11(1814)年ごろ加賀から京都に出て,仁阿弥道八のもとで陶技を学ぶ。文政初年に道八の命により,桃山の三夜荘に窯を築き楽焼を作る。文政10(1827)年ごろに五条橋東4丁目に開窯して,楽焼,染付,朝鮮写,白磁,色絵などを焼成した。与平も他の江戸後期の京焼陶工と同様に御庭焼の指導にも出掛けており,弘化4(1847)年3月には,備前(岡山)藩筆頭家老伊木忠澄(三猿斎)に招かれ,虫明焼の指導をし,磁器を焼いている。その作風は師である仁阿弥道八の確立した五条坂の和風京焼を受け継いでおり,中でも染付は評価が高い。清風家は4代まで続き,3代与平は陶芸家として初めて帝室技芸員に選ばれ,明治期の名工として名高い。

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清風与平(初代)の関連キーワード賀集珉平真清水蔵六大樋焼青木栄五郎阿部碧海内海吉造曾我竹山彦右衛門元吉横田彦兵衛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone