コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清風与平 せいふうよへい

1件 の用語解説(清風与平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清風与平
せいふうよへい

[生]享和3(1803).金沢
[没]文久1(1861).京都
江戸時代後期の京都の陶工。号は梅賓。文化 12 (1815) 年京都に出て仁阿弥道八に陶芸を学ぶ。文政 11 (28) 年頃から五条坂に窯を設け青磁,白磁,金襴手 (きんらんで) などを焼く。弘化4 (47) 年には岡山におもむき,虫明 (むしあけ) 焼の工人に技術を伝えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の清風与平の言及

【明治・大正時代美術】より

… 明治初年,すでに蒔絵の柴田是真や彫金の加納夏雄は,名工として世に知られていたが,大多数の工芸職人たちはこうした工芸振興策をあしがかりとして頭角を現していった。彫金の海野勝珉(うんのしようみん),布目(ぬのめ)象嵌の鹿島一布(かしまいつぷ)(1828‐1900),蒔絵の白山(しらやま)松哉,無線七宝の濤川(なみかわ)惣助,西陣織の伊達弥助(1844‐92),そして陶工の〈歳寒三友〉とたとえられた宮川香山(1842‐1916),竹本隼太(はやた)(1848‐92),3代清風与平(せいふうよへい)(1851‐1914)たちである。
[近代化への道]
 1907年官設の展覧会として文部省美術展覧会(文展)が開設された。…

※「清風与平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清風与平の関連キーワード町尻量輔宮部義昌細合半斎宇野億中没・歿勃・歿・没古訓古事記浅井寥和享和東鶴

清風与平の関連情報