コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麗水 れいすい

百科事典マイペディアの解説

麗水【れいすい】

韓国,全羅南道の南東端,麗水半島の先端にある港湾都市。南に突山島・金鰲島,東に南海島があって自然の防波堤をなす良港。1922年光州線,1936年全羅線の開通により,木浦と並んで日本との交易港として繁栄。
→関連項目閑麗水道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れいすい【麗水 (R)Yŏsu】

韓国,全羅南道の南海岸にある都市。人口18万5696(1995)。前面の突山島が風波を防ぐ絶好の港に恵まれ,李朝時代には海防上の要地として水軍が置かれ,豊臣秀吉軍の侵入の際,李舜臣の活躍した古戦場として知られる。近代に入ってからは南海諸島への海上交通,近海漁業の基地として商業都市となった。1948年,南朝鮮単独選挙に反対して蜂起した済州島民鎮圧のために出動した海軍の反乱事件で有名である(麗水・順天反乱事件)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

麗水の関連キーワード麗水(大韓民国)飯する・飰する幽陰・幽隠掬する杜光庭摩する賽する趙基天擐する朴八陽金沙江会する作する羊角高遠超乗懸垂崢嶸愴然麗川

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麗水の関連情報