コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

済生会 サイセイカイ

4件 の用語解説(済生会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいせい‐かい〔‐クワイ〕【済生会】

明治44年(1911)恩賜金を基金として設立された、貧窮民医療を目的とする財団法人。現在は社会福祉法人恩賜財団済生会として、各地で病院・診療所を経営。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

済生会【さいせいかい】

正称は社会福祉法人恩賜財団済生会。1911年,明治天皇の下賜金と民間寄付金により貧民医療を目的に恩賜財団として設立。大逆事件後の社会不安の緩和策の一つで,各県に支部を置き,政府予算の配分を受け,公的機関の性格をもっていた。
→関連項目金原明善平田東助

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さいせいかい【済生会】

貧民に対する医療救済を目的として,1911年に天皇の下賜金と民間資金によって設立された財団法人日露戦争後貧困者が増加し,病気になっても医者にかかれない状態がひろがった。それまで民間の施療病院が行ってきた慈善医療ではこうした状況に対応しきれず,治安対策上も放置できないため,本格的な救済事業が必要となった。そこで貧困な無告の民への医療保護事業を行うことを指示する天皇の勅語が出され,150万円が下付された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいせいかい【済生会】

1911年(明治44)恩賜金を基金にして設立された医療機関。現在は社会福祉法人恩賜財団済生会として各地方で病院経営などにあたる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

済生会の関連キーワード保護関税在宅医療ギルバート法説明文療育緊急被曝医療掲示板スパム牧草地経営体天窓(トップライト)研究公開促進費

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

済生会の関連情報