コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

済生会 サイセイカイ

デジタル大辞泉の解説

さいせい‐かい〔‐クワイ〕【済生会】

明治44年(1911)恩賜金を基金として設立された、貧窮民医療を目的とする財団法人。現在は社会福祉法人恩賜財団済生会として、各地で病院・診療所を経営。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

済生会【さいせいかい】

正称は社会福祉法人恩賜財団済生会。1911年,明治天皇の下賜金と民間寄付金により貧民医療を目的に恩賜財団として設立。大逆事件後の社会不安の緩和策の一つで,各県に支部を置き,政府予算の配分を受け,公的機関の性格をもっていた。
→関連項目金原明善平田東助

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいせいかい【済生会】

貧民に対する医療救済を目的として,1911年に天皇の下賜金と民間資金によって設立された財団法人。日露戦争後貧困者が増加し,病気になっても医者にかかれない状態がひろがった。それまで民間の施療病院が行ってきた慈善医療ではこうした状況に対応しきれず,治安対策上も放置できないため,本格的な救済事業が必要となった。そこで貧困な無告の民への医療保護事業を行うことを指示する天皇の勅語が出され,150万円が下付された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいせいかい【済生会】

1911年(明治44)恩賜金を基金にして設立された医療機関。現在は社会福祉法人恩賜財団済生会として各地方で病院経営などにあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

済生会の関連キーワード野村 治三郎(8代目)高松宮妃喜久子綾部 惣兵衛大金 益次郎小河 滋次郎美空 ひばり高松宮 宣仁公的医療機関川西 実三道源 権治二条 厚基北島 多一福田 昌子赤沢 乾一生江 孝之桂太郎内閣徳川 家達三内多喜治清棲 家教手塚 太郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

済生会の関連情報