忠実(読み)マメ

デジタル大辞泉「忠実」の解説

まめ【忠実/実】

[名・形動]
労苦をいとわず物事にはげむこと。また、そのさま。勤勉。「—に帳簿をつける」「若いのに—な人だ」「筆—」
からだのじょうぶなこと。また、そのさま。健康。たっしゃ。「—で暮らしております」「—なのが何より」
まじめであること。また、そのさま。実直。本気。誠実。
「いと—に、じちよう(=実用本位)にて、あだなる心なかりけり」〈伊勢・一〇三〉
実際の役に立つこと。実用的であること。また、そのさま。
「をかしきものは…君達に、—なるものは北の方にと」〈落窪・四〉
[類語](1きりきりしゃんきりりきりっと甲斐甲斐しいきびきびてきぱきしゃきしゃきはきはきすいすいまめまめしい忠実まめやか/(2ぴんしゃんぴんぴんしゃんとしゃんしゃんしゃきっとしゃっきり不死身強靭タフ生き生き意気軒昂けんこう老健強い健康丈夫無病息災無事健勝清勝すこやか壮健健全達者元気つつがない息災強壮強健頑健矍鑠

ちゅう‐じつ【忠実】

[名・形動]
まごころをこめてよくつとめること。また、そのさま。「職務に忠実な人」「忠実な臣下」「忠実に任務を遂行する」
内容をごまかしたり省略したりせずそのままに示すこと。また、そのさま。「原文忠実な翻訳」「史実に忠実に再現する」
[派生]ちゅうじつさ[名]
[類語]誠実篤実真摯至誠信実篤厚大まじめまじめ几帳面生まじめくそまじめ愚直四角四面質実堅実堅気かたぎ実直謹厳生一本一本気勤勉律儀義理堅い義理立て良心的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「忠実」の解説

ちゅう‐じつ【忠実】

〘名〙 (形動)
① まごころをもってよくつとめること。また、そのさま。誠実。
随筆・西遊記(新日本古典文学大系所収)(1795)一「其人の名は宮之原太夫、大寺右平太とて二人の侍也〈略〉質直にて忠実の人物なり」 〔史記‐李広伝・論〕
② ごまかしや誤りがなく正確に行なうこと。また、そのさま。
※一家内の珍聞(1904)〈国木田独歩〉「実際見た処の事実を忠実(チュウジツ)に書いて」

まめ‐し・い【忠実】

〘形口〙 まめし 〘形シク〙 まめである。まじめである。また、まめまめしい。
※増鏡(1368‐76頃)九「人がらもまめしく、いとねんごろに思ひきこへ給へれば」
まめし‐げ
〘形動〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android