忠実(読み)チュウジツ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐じつ【忠実】

[名・形動]
まごころをこめてよくつとめること。また、そのさま。「職務に忠実な人」「忠実な臣下」「忠実に任務を遂行する」
内容をごまかしたり省略したりせずそのままに示すこと。また、そのさま。「原文に忠実な翻訳」「史実に忠実に再現する」
[派生]ちゅうじつさ[名]

まめ【忠実/実】

[名・形動]
労苦をいとわず物事にはげむこと。また、そのさま。勤勉。「―に帳簿をつける」「若いのに―な人だ」「筆―」
からだのじょうぶなこと。また、そのさま。健康。たっしゃ。「―で暮らしております」「―なのが何より」
まじめであること。また、そのさま。実直。本気。誠実。
「いと―に、じちよう(=実用本位)にて、あだなる心なかりけり」〈伊勢・一〇三〉
実際の役に立つこと。実用的であること。また、そのさま。
「をかしきものは…君達に、―なるものは北の方にと」〈落窪・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうじつ【忠実】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
真心をもって仕えること。真心をもってつとめること。また、そのさま。 「職務に-な人」
少しの誤りやいつわりもなく正確である・こと(さま)。 「事実に最も-な小説」 「 -に再現する」
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

まめ【忠実】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
まじめによく働くこと。よく気がついて面倒がらずにてきぱきと動くこと。また、そのさま。 「 -な人」 「筆-」
体が丈夫である・こと(さま)。達者。 「 -に暮らす」
誠実である・こと(さま)。 「いと-にじちようにて、あだなる心なかりけり/伊勢 103
実際の役に立つさま。実用的。 「車にて-なるものさまざまにもてきたり/大和 173

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐じつ【忠実】

〘名〙 (形動)
まごころをもってよくつとめること。また、そのさま。誠実。
※随筆・西遊記(新日本古典文学大系所収)(1795)一「其人の名は宮之原太夫、大寺右平太とて二人の侍也〈略〉質直にて忠実の人物なり」 〔史記‐李広伝・論〕
② ごまかしや誤りがなく正確に行なうこと。また、そのさま。
※一家内の珍聞(1904)〈国木田独歩〉「実際見た処の事実を忠実(チュウジツ)に書いて」

まめ‐し・い【忠実】

〘形口〙 まめし 〘形シク〙 まめである。まじめである。また、まめまめしい。
※増鏡(1368‐76頃)九「人がらもまめしく、いとねんごろに思ひきこへ給へれば」
まめし‐げ
〘形動〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忠実の関連情報