渡辺千冬(読み)わたなべちふゆ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡辺千冬
わたなべちふゆ

[生]1876.5.1. 長野
[没]1940.4.18. 東京
実業家,政治家。 1900年東京帝国大学卒業後,実業界に入り,日本製鋼所,北海道炭鉱汽船各取締役などをつとめた。その後政界に入り貴族院議員として活躍。研究会幹部として院内に発言力を有し,29年には浜口雄幸内閣の司法相に就任。続く第2次若槻礼次郎内閣にも留任した。宮内相渡辺千秋の3男で,蔵相渡辺国武養子

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺千冬 わたなべ-ちふゆ

1876-1940 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
明治9年5月1日生まれ。渡辺千秋の3男。叔父渡辺国武の養子。日本製鋼所,北海道炭礦(たんこう)汽船,日仏銀行の取締役を歴任。明治41年衆議院議員,大正9年貴族院議員となる。浜口内閣,第2次若槻(わかつき)内閣の法相をつとめる。昭和14年枢密顧問官。昭和15年4月18日死去。65歳。長野県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる