渡辺錠太郎(読み)わたなべじょうたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡辺錠太郎
わたなべじょうたろう

[生]1874.4.16. 愛知
[没]1936.2.26. 東京
陸軍軍人。 1896年陸軍士官学校,1903年陸軍大学校卒業。 04年大尉で日露戦争に従軍し,戦傷。大本営参謀,山県有朋元帥付き副官,ドイツ大使館付き武官補佐官,オランダ公使館付き武官,歩兵第 29旅団長などを歴任。 25年中将として陸軍大学校校長に転じ,航空本部長,台湾軍司令官を経て,31年大将,航空本部長兼軍事参議官。 35年林銑十郎陸相が皇道派の真崎甚三郎教育総監を罷免し,その後任となったことから統制派系とみなされ,皇道派青年将校らの反感を買った。翌年二・二六事件で襲撃され死亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺錠太郎 わたなべ-じょうたろう

1874-1936 明治-昭和時代前期の軍人。
明治7年4月16日生まれ。ドイツ,オランダ駐在武官をへて,陸軍大学校長,航空本部長などを歴任し,昭和6年陸軍大将となる。軍事参議官から,10年教育総監に就任。統制派の中心と目され,11年2月26日皇道派の青年将校に暗殺された(二・二六事件)。63歳。愛知県出身。陸軍大学校卒。旧姓和田

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡辺錠太郎
わたなべじょうたろう
(1874―1936)

大正・昭和期の陸軍軍人。愛知県出身。陸軍士官学校、陸軍大学校卒業後、歩兵第三六連隊中隊長として日露戦争に出征、戦傷を負う。その後山県有朋(やまがたありとも)元帥付副官となり、1907年(明治40)には軍事研究のためドイツに駐在した。ついでドイツ大使館付武官補佐官、オランダ公使館付武官を経て、帰国後は参謀本部第四部長、陸軍大学校長、第七師団長、台湾軍司令官、軍事参議官などの要職につき、1935年(昭和10)には、皇道派の巨頭真崎甚三郎(まざきじんざぶろう)の後任教育総監に就任した。天皇機関説の支持者として知られ、統制派の頭目とみなされた彼の教育総監就任は、真崎を支持する皇道派青年将校をいたく刺激し、1936年二・二六事件で襲撃目標の1人とされる遠因となった。事件当日の早朝、私邸で反乱軍により射殺された。

[寺崎 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android