コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平涼 へいりょう

百科事典マイペディアの解説

平涼【へいりょう】

中国,甘粛省東部の都市。蘭州と陝西省西安を結ぶ要地。漢族以外にも回族などの少数民族が住んでいる。渭水(いすい)の支流けい】河(けいが)南岸にあり,付近は農・牧畜業が盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいりょう【平涼 Píng liáng】

中国,甘粛省南東部,渭河支流涇河(けいが)の上流,寧夏回族自治区との境界付近にある平涼地区の中心都市。人口40万(1994)。古くから西域甘粛回廊と西安を結ぶ交通幹線路上の要地で,4~5世紀初め以後しばしば争奪のための戦場となった。今日では肥沃な土地や灌漑により,周辺地域では農牧業が盛んで,それらの農産物や寧夏地方の皮革・毛皮の集散地として重要である。また,皮革,毛織物,陶器などの工業もみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平涼
へいりょう / ピンリャン

中国、甘粛(かんしゅく)省東部の地級市。1市轄区、6県を管轄する(2016年時点)。常住人口209万8000(2015)。渭河(いが)の支流、(けいが)の上流に位置し、関中(かんちゅう)と寧夏(ねいか)を結ぶ交通路の要衝である。王城の地である関中の安定はここにかかるという意味で、漢代には安定(あんてい)郡が置かれた。のち州、原州(げんしゅう)、渭州などが置かれ、金(きん)代に平涼府(県)となり清(しん)末に至る。中華人民共和国成立後、市が設置され一時県に戻ったが、1983年ふたたび市となった。黄土(こうど)高原上にあって畑作農業、牧畜が行われ、軽工業も発達している。また、石炭や石灰石の採掘も行われている。西方には黄帝伝説で有名な(こうとう)山がある。[秋山元秀・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

平涼の関連キーワード漢方の食事で元気になるピンリアン関中

平涼の関連情報