コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渺茫 ビョウボウ

デジタル大辞泉の解説

びょう‐ぼう〔ベウバウ〕【××茫】

[ト・タル][文][形動タリ]遠くはるかなさま。広く果てしないさま。
「夕の海は―として」〈風葉・恋ざめ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びょうぼう【渺茫】

( トタル ) [文] 形動タリ 
果てしなく広いさま。 「 -として際涯なき大洋/良人の自白 尚江」 「半夜孤月を-たる滄溟の上に眺めては/世路日記 香水

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

渺茫の関連キーワード乏・亡・傍・冒・剖・卯・厖・坊・妄・妨・帽・忘・忙・房・旁・暴・望・某・棒・榜・眸・紡・膨・芒・茅・茫・謀・謗・貌・貿・防トタル流竄滄溟雲山

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android