コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖風 こふう lake breeze

4件 の用語解説(湖風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖風
こふう
lake breeze

海陸風と同じ要因によって,日中湖上から陸に向かって吹く風。バイカル湖カスピ海ミシガン湖など大きな湖の沿岸地方に顕著。(→海風陸風

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ‐ふう【湖風】

湖の周辺で湖水と陸地の温度差によって生じる局地的な風。昼間は陸地の気温が高くなるので風は湖から外側に向かって吹き、夜間は外側から湖に吹く。日本では琵琶湖周辺で起こることが知られている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

湖風【こふう】

湖水の周辺で,日中は湖面より沿岸部に向かい,夜間は反対に沿岸部より湖面に向かう風。カスピ海のような巨大な湖水では夏,湖中より高気圧性の風系として内陸部に吹き出す風と,冬,湖中に向け低気圧性に吹き込む風があり,これも湖風と呼ぶことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湖風
こふう

湖の周辺で吹く局地風の一種。さまざまな使われ方をする。
(1)日中は湖心から湖岸に向かい、夜間は湖岸から湖心に向かう風が交替して吹く。この風系をいっしょにして湖風という。
(2)狭義には日中、湖心から湖岸に向かう風を湖風という。
(3)中央アジア西部にあるカスピ海のような面積の大きい湖水では、湖周辺の風は夏と冬で反対になっている。この季節によって交替する風系も湖風とよぶことがある。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湖風の関連キーワード周辺視湧昇流ラグーン湖面直向かふ正累帯構造レイシリニアーシューレル現象朝なぎ(朝凪)《湖水のランスロ》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湖風の関連情報