コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯前町 ゆのまえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯前〔町〕
ゆのまえ

熊本県南東部,球磨川上流域にある町。1937年町制。町域の大部分は山地で,山林が広く,長く製材業が盛んであったが,近年はメロンタバコブドウの栽培と肉牛,乳牛の飼育に比重が移っている。ほかに球磨焼酎を産する。明導寺(城泉寺)阿弥陀堂は国指定重要文化財。1992年湯前駅前に湯前まんが美術館が開館。くま川鉄道の終点で,奥球磨県立自然公園への観光基地。米良荘を経て宮崎県の西都市,宮崎市にいたる国道219号線が町域の中央を通り,市街地中心部から国道388号線が北へ通じる。面積 48.37km2。人口 3985(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

湯前町の関連情報