湯田[温泉](読み)ゆだ

  • 温泉
  • 湯田

百科事典マイペディアの解説

山口県山口市内にある温泉。単純泉など。66℃,高温で量豊富。市街地の南西端にあり,大内氏のころから知られ,夜中に湯田の湯に入るべからずという禁制があった。江戸時代には十数軒の旅館・木賃宿があった。整備された温泉町を形成。山口市および秋吉台観光の基地。
→関連項目山口[県]山口[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

山口県の山口盆地にあり,山口市街地の南西部に位置する温泉。山陽新幹線小郡(おごおり)駅からバスで約15分,山口線湯田温泉駅から徒歩5分。古くからの温泉で,室町時代の《大内家壁書》にも〈湯田の湯〉のことがみえている。江戸時代には藩主御茶屋も設けられ,旅宿,木銭宿もあった。また〈湯田ノ二月笋(たけのこ)〉は名物として知られた(《毛吹草》)。単純硫黄泉で,約90の泉源があり,泉温は25~71℃。4月初めの温泉祭は白狐行列でにぎわう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android