山口盆地(読み)やまぐちぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口盆地
やまぐちぼんち

山口県中部,椹野 (ふしの) 川中流域にある盆地。中心都市は山口市古生層と中生層の山地に囲まれた低平な埋積盆地で,盆地床の標高は 10~30m。北西部は 500~700mの鳳翩 (ほうべん) 山地が連なり,南東部は 300~400mの丘陵地。縄文・弥生遺跡や古墳が多く,条里制地割りが広範囲に残っている。中世には「西の京都」と称されるほど栄え,神社,仏閣などの史跡が多い。中央部の北寄りに湯田温泉があり,盆地では米作と果樹の栽培が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまぐち‐ぼんち【山口盆地】

山口県中央部、椹野(ふしの)川中流域にある県内最大の盆地。構造線に沿って沈降した低地山麓帯には古墳が、低地には古代条里制遺構が多く見られる。気候内陸性の気候を示す。盆地内の河川・沼沢などは山口ゲンジボタルの群棲地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐちぼんち【山口盆地】

山口県のほぼ中央,椹野(ふしの)川の中流部に位置し,山口市の主要部を占める盆地。北東方向に走る津和野‐岐波(きわ)構造線に沿って発達した埋積盆地で,上流につづく宮野盆地や支流仁保(にほ)川沿いの大内盆地を含めることもある。盆地の北西側には山陰,山陽の分水界であり,周防,長門の国境をなす西鳳翩(にしほうべん)山(742m)がそびえ,南東側は丘陵地で囲まれている。狭義の山口盆地は東西4km,南北5kmの袋状の地形をなし,盆地床は標高10~30m,椹野川河口部からわずか十数km入ったところであるが,内陸的な盆地気候を示し,気温較差が大きく,霧もよく発生し,北東~南西海陸風の多いことも観測されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕山口盆地(やまぐちぼんち)


山口県中央部、椹野(ふしの)川中流域にある盆地。山口市の主要部を占め、北東から南西に紡錘状の形をなす。東西約8km、南北約7km。盆地床の標高は10~70m。北東―南西方向に走る津和野(つわの)-岐波(きわ)構造線に沿って発達した埋積性の地溝盆地。山口市街地は一の坂川の扇状地に位置し、盆地中央に湯田(ゆだ)温泉がわく。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口盆地
やまぐちぼんち

山口県のほぼ中央、椹野(ふしの)川の中流に開けた盆地で、山口市の中央部を占める。北東方向に走る構造線に沿って沈降した埋積低地で、下流の仁保津狭隘(にほづきょうあい)によって袋状の地形となり、東西約4キロメートル、南北約5キロメートルで平坦(へいたん)な盆地床の高度は10~30メートル。瀬戸内沿岸からわずか十数キロメートル入った盆地で、北東―南西の海陸風の多いことが観測されているが、気温較差は大きく、霜日数や霧日数も多く、かなり内陸性の盆地気候を示す。山麓(さんろく)帯には弥生(やよい)・古墳期の遺跡が多く、低地一帯には500町以上に及ぶ古代条里制の遺構が広く認められる。北隅から張り出した一ノ坂川扇状地上に山口市街地が発達している。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口盆地の関連情報