コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝鼠 ドブネズミ

デジタル大辞泉の解説

どぶ‐ねずみ【×鼠】

ネズミ科の哺乳類。代表的な家ネズミで、下水溝などにすむ。クマネズミより大きく、気も荒い。中央アジアの原産であるが、18世紀ごろからヨーロッパを経て全世界に広がり、先に世界中に分布していたクマネズミを圧迫。白変種のシロネズミは動物実験に用いられる。七郎ねずみ。
主人の目をかすめて悪事を働く使用人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どぶねずみ【溝鼠】

ネズミ科の哺乳類。アジア中央部の原産で、現在では世界中に広く分布するイエネズミの一種。頭胴長20センチメートル、尾長18センチメートルほど。背面は褐色、腹面は灰白色。夜行性で水辺を好み、泳ぎや潜水が巧み。床下や下水に多く、野外にもすむ。雑食性。実験動物化されたものをラットといい、全身白色のものはシロネズミとも呼ばれる。七郎鼠。ノルウェーネズミ。
の体色から〕 暗灰色。濃いねずみ色。
主人の目をかすめて金銭をごまかすなど悪い事をする使用人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

溝鼠 (ドブネズミ)

学名:Rattus norvegicus
動物。ネズミ科のネズミ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

溝鼠の関連キーワードイエネズミ七郎鼠雑食性灰白色腹面

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溝鼠の関連情報