コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝鼠 ドブネズミ

2件 の用語解説(溝鼠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どぶ‐ねずみ【×鼠】

ネズミ科の哺乳類。代表的な家ネズミで、下水溝などにすむ。クマネズミより大きく、気も荒い。中央アジアの原産であるが、18世紀ごろからヨーロッパを経て全世界に広がり、先に世界中に分布していたクマネズミを圧迫。白変種のシロネズミ動物実験に用いられる。七郎ねずみ
主人の目をかすめて悪事を働く使用人

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どぶねずみ【溝鼠】

ネズミ科の哺乳類。アジア中央部の原産で、現在では世界中に広く分布するイエネズミの一種。頭胴長20センチメートル、尾長18センチメートルほど。背面は褐色、腹面は灰白色。夜行性で水辺を好み、泳ぎや潜水が巧み。床下や下水に多く、野外にもすむ。雑食性。実験動物化されたものをラットといい、全身白色のものはシロネズミとも呼ばれる。七郎鼠。ノルウェーネズミ。
の体色から〕 暗灰色。濃いねずみ色。
主人の目をかすめて金銭をごまかすなど悪い事をする使用人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溝鼠の関連キーワード川鼠熊鼠麝香鼠尖鼠跳鼠畑鼠二十日鼠姫鼠鹿毛鼠棘鼠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone