漏刻・漏剋(読み)ろうこく

精選版 日本国語大辞典「漏刻・漏剋」の解説

ろう‐こく【漏刻・漏剋】

〘名〙
① 昔、水を用いて時刻を計った時計。漏壺の中の水位が示す漏箭(ろうせん)の目盛りによって時刻を知る装置のもの。鐘鼓を打ってその時刻を知らせた。水時計。刻漏。漏。
※日本後紀‐弘仁二年(811)三月二五日「人足者。大安寺僧泰仙也。以工術聞。令漏刻」 〔漢書‐哀帝紀〕
② 漏箭に刻んだ目盛り。
③ 時。時間。時刻。
※類従本撰集抄(1250頃)四「すはろう剋すでにうつりて」
※中右記‐大治四年(1129)四月一七日「但問時司漏刻未催者、早々可催之由下知了」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android