漢の時代(年表)(読み)かんのじだいねんぴょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漢の時代(年表)
かんのじだいねんぴょう

前209陳勝・呉広の乱起こる。劉邦(りゅうほう)と項羽それぞれ挙兵
前206(しん)王の子嬰(しえい)、劉邦に降伏、秦滅びる
前202(漢5)垓下(がいか)の戦い、劉邦、項羽を破る。劉邦、皇帝の位につく(高祖)。翌年、長安を都とす
前200(漢7)高祖、平城において匈奴(きょうど)に囲まれる
前196(漢11)高祖が韓信、彭越(ほうえつ)、英布ら功臣を殺す
前195(漢12)高祖死に、呂(りょ)太后の専政始まる
前190(恵帝5)長安城造営終わる
前180(少帝4)呂太后死に、呂氏一族滅びる。文帝即位
前156(景帝1)田租を収穫量の30分の1と定める
前154(景帝3)呉楚七国の乱
前141(後元1)武帝即位
前139(建元2)このころ張騫(ちょうけん)を大月氏に派遣(~前126)
前136(建元5)董仲舒(とうちゅうじょ)の上言を用い五経博士を置く
前129(元光6)衛青、匈奴を討つ。渭渠(いきょ)をうがち、長安と黄河を結ぶ
前127(元朔2)衛青、匈奴を攻め、オルドス地方に朔方(さくほう)・五原の2郡を置く
前121(元狩2)霍去病(かくきょへい)、匈奴を撃破、河西に4郡を設置
前119(元狩4)塩鉄専売の開始。五銖銭(ごしゅせん)を始める。張騫第2回西域遠征。匈奴、漠北に本拠を移す
前115(元鼎2)桑弘羊(そうこうよう)、均輸法を実施
前113(元鼎4)上森の三官で五銖銭を官鋳し、貨幣制度安定する
前111(元鼎6)南越を征して9郡、西南夷を征して5郡を置く。張掖(ちょうえき)・敦煌(とんこう)の2郡を置く
前110(元封1)平準法を施行。泰山封禅(ほうぜん)の儀を行う
前108(元封3)衛氏朝鮮を滅ぼし、朝鮮に4郡を置く
前104(太初1)太初暦制定
前99(天漢2)李陵(りりょう)、匈奴に降(くだ)
前98(天漢3)酒の専売を始める
前97(天漢4)このころ司馬遷(しばせん)『史記』を完成する
前91(征和2)巫蠱(ふこ)の乱起こり、皇太子(戻(れい)太子)・衛皇后ら自殺
前87(後元2)武帝死に、昭帝即位
前81(始元6)賢良・文学を集め塩鉄会議を行う
前79(元鳳2)霍光(かくこう)、実権を握る
前74(元平1)昭帝死に、昌邑(しょうゆう)王即位。昌邑王を廃し、宣帝を迎立
前66(地節4)霍氏の乱、霍氏一族滅び皇后霍氏廃される
前60(神爵2)匈奴の日逐(にっちく)王、漢に降り匈奴分裂。西域都護府を置く
前51(甘露3)五経整備のため石渠閣(せっきょかく)会議開催
前44(初元5)塩鉄官を廃止
前40(永光4)郡国廟(びょう)を廃止
前33(竟寧1)王昭君、匈奴の呼韓邪単于(こかんやぜんう)に嫁す。外戚王鳳(おうほう)、大司馬大将軍となり王氏の専横始まる
前16(永始1)王莽(おうもう)、新都侯となる
前8(緩和1)王莽、大司馬となる
前7(緩和2)成帝死に、哀帝即位
後9(始建国1)王莽、皇帝を称す。前漢滅亡し、新王朝始まる
10(始建国2)(りくかん)・五均の制度を行う。貨幣制度を三変する
18(天鳳5)赤眉(せきび)の乱起こる
20(地皇1)緑林の兵起こる。王莽軍大敗
22(地皇3)劉秀、挙兵
23(更始1)劉玄、帝を称す(更始帝)。昆陽の戦いで劉秀、王莽の兵を破る
25(建武1)赤眉軍、長安に入る。劉秀(光武帝)帝位につき、洛陽に都する。赤眉軍、更始帝を殺す
36(建武12)光武帝、蜀を平定し、天下統一を完成
42(建武18)馬援、交趾(こうち)に遠征、翌年平定
48(建武24)南匈奴、漢に降る。烏丸(うがん)、漢に服属
56(中元1)光武帝、泰山で封禅の儀を行う
57(中元2)(わ)の奴(な)国の使者きたる
79(建初4)白虎観で五経を統一整備。このころ『漢書』成る
88(童和2)塩鉄の禁を廃止
97(永元9)西域都護班超(はんちょう)、甘英を大秦国に派遣
105(元興1)このころ蔡倫(さいりん)、紙を発明する
107(永初1)(きょう)族の反乱。西域都護廃止
121(建光1)許慎(きょしん)の『説文解字』献上される
156(永寿2)鮮卑(せんぴ)の檀石槐(だんせきかい)、北匈奴を破り、モンゴル高原を統一、以後しばしば中国に侵入
159(延熹2)宦官(かんがん)の勢力全盛となる
166(延熹9)大秦王安敦の使者日南に至る。第一次党錮(とうこ)の禁
169(建寧2)第二次党錮の禁起こる
178(光和1)初めて売官を行う
184(中平1)黄巾の乱起こる
189(中平6)袁紹(えんしょう)、宦官を惨殺。董卓(とうたく)、洛陽を制圧し、少帝を廃し、陳留王協(献帝)をたてる
190(初平1)袁紹を盟主に関東の州郡挙兵。董卓、都を長安にうつす
192(初平3)董卓、暗殺される。曹操(そうそう)挙兵。このころ張魯(ちょうろ)が漢中に五斗米道の半独立国家をつくる
196(建安1)曹操、献帝を許にうつす
200(建安5)曹操、袁紹を官渡に破る
208(建安13)曹操、赤壁の戦いに敗れ、天下三分の形勢となる
212(建安17)孫権、建業にうつる
214(建安19)劉備、成都に入る
216(建安21)曹操、魏(ぎ)王となる
220(黄初1)曹操死に、長子の曹丕(そうひ)、献帝を廃し後漢滅びる

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android