コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潁原退蔵 えばらたいぞう

5件 の用語解説(潁原退蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潁原退蔵
えばらたいぞう

[生]1894.2.1. 長崎,五島
[没]1948.8.30. 京都
国文学者。東京高等師範学校を経て京都大学国文科卒業。文学博士。京都大学教授。佐々政一藤井乙男の指導を受け,俳諧を中心に江戸文学全般に造詣が深く,多くの後進を育てた。主著『俳諧史の研究』 (1933) ,『俳諧史論考』 (1936) ,『江戸文芸論考』 (1937) ,『俳諧精神の探求』 (1944) ,『江戸時代語の研究』 (1947) ,『芭蕉俳諧新講』『川柳雑俳用語考』など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えばら‐たいぞう〔‐タイザウ〕【潁原退蔵】

[1894~1948]国文学者。長崎の生まれ。京大教授。江戸文学、特に俳諧を研究。著「俳諧史の研究」「江戸時代語の研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

潁原退蔵 えばら-たいぞう

1894-1948 昭和時代の国文学者。
明治27年2月1日生まれ。藤井乙男(おとお)に師事し,近世文学を専攻。「蕪村全集」を編集し,俳諧(はいかい)史研究に業績をのこす。母校京都帝大の助教授となり,昭和23年8月30日の死去と同日付で教授。55歳。長崎県出身。俳号は蕪子。著作に「俳諧史の研究」「俳諧精神の探究」「江戸時代語の研究」など。平成20年,生前作成した語彙(ごい)カードをもとに「江戸時代語辞典」(尾形仂(つとむ)編,21年毎日出版文化賞)が刊行された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

えばらたいぞう【潁原退蔵】

1894~1948) 国文学者。長崎県生まれ。京大教授。近世文学の実証的研究の基礎を築いた。著「俳諧史の研究」「江戸時代語の研究」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潁原退蔵
えばらたいぞう
(1894―1948)

国文学者。長崎県五島の生まれ。長崎師範学校、東京高等師範学校を経て1921年(大正10)に京都帝国大学卒業。28年(昭和3)京大講師。47年文学博士。翌年教授。蕪村(ぶそん)に始まりやがて近世文学全般に研究領域を広げ、その実証的研究の学風は多くの門下生に受け継がれて、近代的な江戸時代文学研究の基礎が築かれた。『蕪村全集』『俳諧(はいかい)史の研究』『俳諧精神の探求』『江戸時代語の研究』ほか多数の編著がある。[櫻井武次郎]
『『潁原退蔵著作集』全20巻(1979~80・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潁原退蔵の関連キーワード麻生磯次岩城準太郎上田英夫小島憲之斎藤清衛千田九一野村八良松田修山口剛湯地孝

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone