コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜在構造分析 せんざいこうぞうぶんせきlatent structure analysis

2件 の用語解説(潜在構造分析の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潜在構造分析
せんざいこうぞうぶんせき
latent structure analysis

態度測定に際して質問項目間の関係を分析するための理論の一つで,P.F.ラザースフェルドによって提唱された。これは,態度を反応の一貫性の徴候群として操作的に定義する。反応の一貫性ということは,態度を知るのに用いられる顕在的項目が相互に相関し合っていることを意味し,事実,項目間の相互関係性が態度を規定するのである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんざいこうぞうぶんせき【潜在構造分析 latent structure analysis】

一つの集団に対して,個人個人のとる態度や行動をいくつかの質問項目によって調査し,その結果から集団内に潜在する下位集団(潜在クラス)を探り出そうとする統計的データ解析手法。潜在クラス分析ということもある。因子分析知能検査や知能の分析から発展したように,潜在構造分析態度測定を目的とする心理学分野で考案され,1950年代から発達してきた。大変魅力的な手法ではあるが,データを単に説明しデータに適合するというだけでは種々の定式化が可能な場合が多く,潜在するとみなされるクラスが真に意味があるかどうかについては十分な検証を行う必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone