コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山昇華物 カザンショウカブツ

世界大百科事典 第2版の解説

かざんしょうかぶつ【火山昇華物 volcanic sublimate】

火山の噴気孔地帯では噴気孔の周囲に種々の物質が付着している。これらの物質を火山昇華物という。温度が400℃以下の噴気孔でもっともよくみられる火山昇華物は,固体あるいは液体状の硫黄,塩化アンモニウム,およびホウ酸である。硫黄はセレン,テルルやヒ素を含んでいることが知られている。塩化アンモニウムは噴気孔に近い位置(高温側)に,ホウ酸は遠い位置(低温側)に生成している場合が多い。温度が500℃をこえる噴気孔の周囲は,多くの場合黒い微粒の昇華物がついていて,昇華物の色から噴気孔の温度が想像できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かざんしょうかぶつ【火山昇華物】

火山地帯で、噴気孔の周囲に集積した鉱物の総称。火山ガス中の成分が、圧力と温度の低下、空気による酸化、周辺の鉱物との反応などによって、固化したもの。硫黄・塩化アンモニウム・ホウ酸など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火山昇華物
かざんしょうかぶつ

火口や噴気孔などから噴出した高温の火山ガスに由来し、地表近くで生じた昇華物。火口、噴気孔内やその付近によくみられるが、溶岩流や火砕流堆積(たいせき)物に付着していることもある。火山ガスが噴出孔付近で温度と圧力変化をおこして沈殿したり、周囲の岩石と化学反応をおこして生じたもの、さらにそれらの鉱物の溶脱や移動で二次的に生じたものが混在する。火山昇華物には、硫黄(いおう)、たんぱく石、明礬(みょうばん)、ホウ酸、石膏(せっこう)、硬石膏、塩化アンモニウム、雄黄(ゆうおう)、鶏冠(けいかん)石、あられ石、磁鉄鉱、赤鉄鉱、黄鉄鉱、白鉄鉱などがあり、有用鉱物が多い。[諏訪 彰・中田節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

火山昇華物の関連キーワード塩化アンモン石たんぱく石自然硫黄カリ岩塩三笠石鶏冠石黒銅鉱総称銅藍岩塩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android