コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯籠踊 とうろうおどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灯籠踊
とうろうおどり

灯籠を頭にかぶって踊る風流踊 (ふりゅうおどり) の一種。盆の踊りで,京都洛北のものが古くから記録されて知られていた。いまは京都市八瀬の赦免地踊 (しゃめんちおどり) ,広島県飯室の切子踊,熊本県山鹿の灯籠踊などが有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうろう‐おどり〔‐をどり〕【灯籠踊(り)】

盂蘭盆(うらぼん)や祭礼の際に、点灯した灯籠を頭にのせて踊る風流(ふりゅう)踊り。京都の花園踊りなど、主に、関西以西に分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうろうおどり【灯籠踊】

民俗芸能。風流(ふりゆう)踊の一種で,頭に美しい切子(きりこ)灯籠などをかずいて踊る。盂蘭盆会(うらぼんえ)に意匠を凝らした灯籠を掲げ,また贈答することは古くから行われているが,中世後期に盆に風流の踊りが流行すると,その趣向として美しい女衣装を着,頭に灯籠を置いた青年の一団が,小歌にあわせて振りをした。これは文明年間(1469‐87)初頭,奈良における風流踊にみえるのが早い(《経覚私要鈔》)。のちに著名となったのは京都洛北の灯籠踊で,岩倉,花園,高野などでは江戸時代も盛んであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の灯籠踊の言及

【赦免地踊】より

…民俗芸能。京都市左京区八瀬(やせ)の天満宮摂社,秋元神社例祭(10月11日)に奉納される風流(ふりゆう)踊で,灯籠踊ともいう。灯籠を頭にのせ灯籠着(とろぎ)と呼ぶ女装をした青年8人を中心に,音頭取り,太鼓打ち,新発意(しんぼち)(踊りの指導者),踊り子が〈道歌(みちうた)〉をうたいながら神社に練り込む。…

※「灯籠踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

灯籠踊の関連キーワードよへほ節盂蘭盆

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android