コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰曹長石 かいそうちょうせき

1件 の用語解説(灰曹長石の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灰曹長石
かいそうちょうせき
oligoclase

斜長石を6種に細分したときの1種。現在、鉱物学上は独立種として扱わず、曹長石に分類される。化学組成上、曹長石と灰長石成分の割合で定義される。肉眼による他の斜長石との識別は困難であるが、花崗岩(かこうがん)、花崗斑岩(はんがん)の斑晶、日本産のいわゆる片麻岩を構成する斜長石の多くは灰曹長石である。ほかに、緑簾石(りょくれんせき)~角閃(かくせん)岩相程度の変成度の緑色片岩、石英片岩、雲母(うんも)片岩など、泥質岩起源のホルンフェルス、粗面岩、粗面安山岩などの火山岩中に産する。英名は、曹長石より劈開(へきかい)が乏しいという意味のギリシア語に由来する。和名は化学組成による。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の灰曹長石の言及

【斜長石】より

…組成範囲によって次のような名が与えられている。Ab100An0~Ab90An10=アルバイトalbite(曹長石),Ab90An10~Ab70An30=オリゴクレースoligoclase(灰曹長石),Ab70An30~Ab50An50=アンデシンandesine(中性長石),Ab50An50~Ab30An70=ラブラドライトlabradorite(曹灰長石),Ab30An70~Ab10An90=バイトウナイトbytownite(亜灰長石),Ab10An90~Ab0An100=アノーサイトanorthite(灰長石)。斜長石は,火成岩をはじめ変成岩,堆積岩に広く産する。…

※「灰曹長石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone